ヴィヨンの妻

d0068430_316127.jpg

「ヴィヨンの妻ー桜桃とタンポポ」脚本田中陽造、監督根岸吉太郎
 製作フジテレビ、パパドゥ他、フイルムメーカーズ。
出演松たか子、浅野忠信、妻夫木聡、広末涼子、堤真一
原作は太宰治。生誕100年企画。
 いま日本映画のエースは根岸吉太郎ではないだろうか。
艶のある映画になっている。そして何よりも松たか子がいい。
又久々の脚本の田中陽造さんの素晴らしい筆に唸らされる。
太宰のいろんな作品から戦後の日本人を男と女の絶対値まで
問い詰めて描いている。単に古い話ではなく現在の日本と
日本人の立ち位置を正確に表している。
 一億玉砕の戦争に負けてアメリカのパンパンになってでも
生きていかなければならなかった日本人。松たか子の佐知が
赤い米国製の口紅を塗って身を賭して夫を助ける姿がそのまま
64年もつづいている。この作品の背景にこの中心点が貫かれ
ている。
 さて、物語の語りは、東北の墓地からはじまり少年太宰の
不吉な未来を案じる。そしていきなり強盗をして逃げる流行
作家と貧乏な妻子のいる家庭へ行き、その驚きの幕開けの
謎解きの被害者の飲み屋の話で浅野演じる作家の自堕落な
生活が語られる。ここで妻佐知は、明るく飲み屋で働かし
てくださいと言い出す。美人の佐知は、忽ち人気者になる。
そこに過去の男が弁護士となって現れ、又常連客岡田(妻夫木)
とが交差する。作家は自堕落なまま他の女と心中未遂する。
佐知は、たんぽぽ一輪の誠実ですっくと正対して夫と向かい
会い、桜桃の甘すっぱさを吹き消すように種を吐き出す。
どうやらこのラストの秀逸な2人が壁に寄り添い、桜桃の
種を吐き出すシーンは、監督が田中陽造に要求して書き足さ
れたものらしい。
 しかしそれにしても松たか子が長編映画主演がこれが
初めてだという。びっくりだ。こんな女優を放っておいた
なんてプロデューサーは何をしていたんだと思う。
生活と愛の本来を体で知っているがゆえに底抜けに明るく
生きている女。自分でどうにもならない艶。そんな作家の
妻を見事に演じている。
 特にクライマックスの留置場での面会のシーンで金網越し
に佐知が夫に「心中されて、ウソつかれて、どこに愛がある
んでしょうか」という決めセリフを言うとき、カメラは
望遠レンズを使って松たか子が迫真の演技しているのを
フォーカスインしてその哀れな妻の表情を際だたせていた。
これは、まさしく映画的な瞬間だった。
ここにくると映画館の中ですすり泣く声が聞こえてきた。
渋谷の昼間で観客が30人だったが満足度は高かったと思う。
やはりこれは、シネカノン劇場ではなく、スバル座かテア
トル系が興業はよかったのではないか宣伝不足を悔やむ。
 俳優陣は、松たか子の代表作足る演技は秀逸であり、
浅野はぎりぎりより上の合格。堤真一は思いの外手堅い。
みんないい。ただひとり駄目な配役がいた。
それは妻夫木だった。好きな俳優だけに書いておく。
 作家太宰の作品に憧れている職工の役で純粋で二枚目で
その作家の妻に恋してしまうという役を「涙そうそう」と
同じ演技をしている。これじゃ駄目だ。
佐知にキスしたのを作家に見られて「僕は間違っていました。
二度と僕は現れません」というセリフの前にシナリオでは
「佐知の受けた衝撃の強さが、(愛するゆえに)岡田の身にし
みる」とト書きがある。何をどう身にしみたのかさっぱり
伝わってこない。演技ってその役をどう生きるかだ。
妻夫木くんには、本当に頑張ってほしい。30過ぎて大きな
壁が立ちはだかって来るだろう。でも乗り越えるしかない。
本当にここが惜しかった。
まあ、今年ベストワンになる作品であることに変わりない。
是非劇場へ足を運んで頂きたい。
 
[PR]
by stgenya | 2009-10-28 04:30 | 映画・ドラマ
<< 剣岳 点の記 お家へ帰ろう-Blue Moon- >>