イングロリアス・バスターズ


d0068430_10142697.jpg

「イングロリアス・バスターズ」脚本・監督C・タランティーノ。
彼の興行成績の中でトップになったらしい。
しかし米国ほど日本では熱狂的なロングランにはならなかった。
 まず長い上映時間で俳優の演技と物語構成の運びとが緊張感が
あって、いままでのタランティーノ作品に見られない重量感が
あった。これは、ある意味B級アウトロー映画大好きの彼の中で
行き着いた到達点であるのではないかと思った。
 悪を悪らしく描く。フィルムノワールとしてのピカレスク。
彼の持ち味であるグロ(エログロのエロは彼は淡泊で薄い)を素材
にしながら復讐劇を第二次大戦という時代劇として描いた。
一人のユダヤ人の女の子ジョシュナがドイツ人ランダ大佐のSS
から逃れてアメリカのブラッド・ピット扮するレインのドイツ・
ハンター軍団の力もあって、成長してフランスで映画館の館主
となった彼女・ショシュナがヒットラーたちを迎えての映画会で
復讐を成し遂げるという話で時間の制約でカットしているため
に随分荒いところもあるが最後まで見せきる。
 面白くなかったら、金を返すという日本の興行宣伝にはかな
っていた。又ジョシュナ演じるメラニー・ロマンが昔のドヌーブの
ように美しく、ドイツ人大佐ランダの役のクリストフ・ヴァルツ
の演技がすばらしい。はっきり言ってブラット・ピットがかす
んでいた。この寺島進似のオーストリア出身の俳優は掘り出し
物である。カンヌでは助演男優賞をとったらしい。
 では映画としてどうだったかというと、成功作とは言い難い。
確かに演技はいい。カメラワークもコッポラばりに重厚感があ
って、長回しとミディアム・ショットの会話といいうまくでき
ている。しかし見終わって、オチ無いのは何か。
やはり映画とは、どんな荒唐無稽をやってもウソだったら、
しらけてしまう。シナリオ設計では特にそれが要求される。
むしろ荒唐無稽なほど、SFなどそうだが、事実は事実らしく
詰める。
 この映画の場合ヒットラー以下ナチス幹部が一フランスの
映画館でバスターズによって全滅させられたという最後の
シークウェンスは史実と違いどうしても落ちない。
歴史としてウソでは、どんなに勇敢にバスターズが戦っても
ユダヤの女が復讐しても白けてしまう。
これがどこかわからない戦争での話なら、すばらしいのだろ
うがそれは考え方が違ってしまう。
もしこの話でシナリオをつくるなら、ヒットラーの最後は
実は影武者で別にフランスに逃れていて映画を呑気に観て
いたとか設定を初めにつくってなければ成り立たない。
これは、とっても残念だった。
若い日本人がこれを観て、タランティーノはやっぱすごい
と言って史実を間違って覚えてしまうおそれがあるし、こ
れを正月の3日に観たが隣の中高年の夫婦は正月に観る映画
じゃないなとため息をついていた。
うまくつくった映画といい映画は別である。
映画小僧タランティーノの技術は磨かれたが、作品の主題
を語る目は昼寝をしたままのように感じた。
でも、あんた、だいたいタラちゃんは、B級志向なんだぜ。
そんな主題とか辻褄とか言っていたら、笑われるぜ。
といわれそうだけれどそれは本物のタラちゃんファンじゃない。
[PR]
by stgenya | 2010-01-17 12:38 | 映画・ドラマ
<< おとうと 秋日和 >>