ポー川のひかり

d0068430_18343861.jpg

「ポー川のひかり」または「ポー川のほとりで」
なぜふたつの邦題があるのかわからない。ここではひかりにする。
監督・脚本エルマンノ・オルミ、主演マウリッツオ・ミッレノッティ。
ルーラ・ベンダンデヘィ、アミナ・シエド他
撮影ファビオ・オルミ、総指揮エリザベッタ・オルミ、2006年度。
 「木靴の樹」のイタリアの79才の監督作品。
日本公開は去年。晩年の枯れた作品になっている。
はじめのボローニャ大学の図書館で書物がすべて釘を刺している
ミステリアスな導入からポー川に行ってのシークェンスとの落差
でついていけない人もいるかもしれない。
 若き哲学教授が実は犯人で現実逃避でポー川にたどり着く。
そしてここで若い娘や川に住み着いた老人たちとの交流を通して
人生とは、神とは、知識とは、と語っていく。
そしてこの平和な川にも市の管理者から不法に住み着いた人々を
追い出して開発をするという事態になって、みんなからキリスト
と呼ばれたこの哲学教授は助けになろうとするが警察に捕まって
しまう・・
 つまり世界の悲劇は、書物では救えない。神の力は必ずしも
人々に救いを与えない。では人間はどうすればいいのか。
太陽の下で生をしっかりと味わうこと。日々を大切にすること。
実存の川のほとりで煌く生の輝きを信じよう。
そういっているように思えた。
 シナリオの肉付きで力がない。これがルノワールならもっと
川の住民たちの一人一人の顔をはっきりさせ、愛を糸に縦横に
からませるだろう。でもそんな面白くなることはやらない。
75才でこの映画を家族の支えで撮っていることから、余計な
ものはできるだけ外して、川を行く船の上の園遊会のカットが
懐かしいリズムに合わせて何回か出てくる。
ここが監督のポイントだったように見えた。
人生の輝く時間を手にとろう。そしてよく覚えておこう。
川面に跳ねる水のひかりの如く果敢なく消える。
世界は、神も書物もお金もその悲劇から救うことはできない。
これって小津作品の喪失のテーマと似ている。
そういえばメインテーマが「サセレシア」に似ていた。
 この映画でこの川を下る船の園遊会がすごく印象に残って
いて、俳優の顔と演技が日本の今の俳優では出せない風貌を
もっていることを痛感させられた。
作品としては、甘いが人と風景をどう撮るかでは楽しめる。
 
 
[PR]
by stgenya | 2010-03-31 19:09 | 映画・ドラマ
<< シャッター・アイランド 鏡ータルコフスキー映画祭2010 >>