春との旅

d0068430_1644318.jpg

「春との旅」脚本・監督小林政広、制作モンキータウンプロダクシ
ョン。出演仲代達矢、徳永えり、大滝修治、柄本明、戸田菜穂他。
 仲代さんが小林監督の脚本に気に入り自分のスケジュールのため
に三年監督に待ってもらってやっと今年完成公開した老人と孫のロ
ード・ムービーである。
 Vシネマの小さな映画からスタートして、低予算だけれど自分の
スタイルの映画を20年近くやってきたある意味孤高の映像作家の
新作は豪華名優を散りばめた人生そのものを正面から捉えた良心的
な映画になっていた。
 人間は自分の死とどう向き合いどのように対処していくのか。
高齢化社会の日本にもってこいのテーマだ。しかも放蕩のかぎりを
尽くして孤独で嫌われ者の仲代老人が孫の春が失業したことから寒
村のボロ屋から出て、兄の家、姉の旅館、弟夫婦の家へと自分を置
いてくれと訪ねて歩く。しかしどれもうまくいかない。
そして孫の春の実父を訪ねる方向へ・・・・
 こう書くと「東京物語」の構成を思い出す人もいて、なかなか
魅力的なプロットだと予想する。兄弟と言ってもみんなそれぞれ
大人になると自分の生活があるので子供の時のようにはいかない。
ましてやわがままで頑固な男寡ではなおさら。
 この老人仲代の身を預けるための兄弟周遊は、シナリオ的に行き
詰まる。しかしこの映画の本当の視点は、老人の人生放浪ではない。
 後半全員に断られた仲代に孫の春が実父に逢いたいと今度は
老人が孫に付き添って、再婚生活をしている香川照之の父に遭いに
いく。これがミソでここを思いついたときにシナリオは完成したと
思ったことだろう。
 この二部構成は果敢なく、人の生き方のバリエーションを表出し
てうまい。ただぼくは、春の実父の再婚相手の戸田菜穂のつくり方
がお手軽過ぎたように思う。もっとやり方があったんではないか。
 この後半室蘭の香川の家に行く。なかなか遭ってくれない父。
妻戸田は、いいのよ、春ちゃんにあってげてというが逃げる。
ここから私の創作だが、お祭りか、ばんえい競馬か、遊園地で仲代
の祖父が破れかぶれで一世一代の芝居をして、父と娘を遭わせる。
二人だけの会話がある。それを遠くから見ていた戸田と義父の仲代
がやっとほっとする。すると今度は戸田が家族づれで溢れている
お祭りの中でお義父さん、家にしばらくいてくださいと映画のよう
に言う。しかしもう仲代は自分の死期は自分で引き受けようと決め
ているので、つい刑務所に入っていて遭えなかった気の合う弟の
ことで嘘をいう。いや、そいつが大金当てて一緒に住もうと言う
んだと笑って戸田にありがとうと断る。
 帰りの電車でそのことを知っていた春は祖父にバカだとなじる。
でラストシーンになる。
 映画の途中からそんな別の筋書きを考えて見ていた。
またもうひとつ気になったのが淡島千景の姉と旅館の客席で仲代
と会話するのに逆目線でわざと撮っていた。
どうだろう。何か変った趣向でやりたかったのだろうがその効果
はちょっと疑問だった。すれ違いを表すのだったら他も統一して
いないといけない。スタイルとはそういうものではないか。
 まあ、余りにシナリオの練られていない邦画の多い中でいい
キャストに恵まれ、いい映画になったのではないだろうか。
この先拡大ロードショーをのぞむ。




 
[PR]
by stgenya | 2010-05-31 18:09 | 映画・ドラマ
<< アンドレイ・ボルトネフ 極楽大一座 アチャラカ誕生 >>