スーパー8

d0068430_17181198.jpg

「スーパー8」(2011年製作アンブリン)
 脚本・監督J.J.エイブラムス、製作スティーブン・スピルバーグ
 出演エル・ファニング、カイル・チャンドラー他
  久しぶりに映画評を書きます。
 今年になって観ていないわけではなくて、「ノルウェーの森」や周防君の
 愉快なドキュメント「ダンシング・チャップリン」も観てきたし、この二つ
 は結構楽しめた。ただちょいと忙しくて書かなかったら、機を逸してしま
 った。
  さてエイブラムスの「スーパー8」。宣伝はすぐにスピルバーグの新作
 みたいにいうが別ものだし、あの名作「ET」や「未知との遭遇」を思い
 出して最高傑作と名打つ。でもやっぱり騙されるね。
 スピルバーグへのオマージュではあるが、新作として完成度が高いとは言えない。
 確かにJJエイブラムスの映画おたくの少年たちの物語としては、うまく
 つくっている。ほのかな初恋とその少年と少女の事故で亡くなった少年の母
 をめぐる家の対立などをうまくシナリオに絡めて話をつくっていた。
 たまたま8mmフィルムで撮影していたところへ列車の事故。
 ここからストーリーはぐんぐん動き出して、空軍がその事故車両にある
 ものを隠しているうちにその正体不明の生物が町を破壊していく。
 ここはパニック映画。逃げる逃げる。そしてカイル少年の父が保安官と
 いう設定が生きて、そのなぞの生物と軍との関係を究明していく。
 この辺が「ET」。最後のその宇宙人が宇宙船で飛んでいくラストが
 「未知との遭遇」。その宇宙生物が「エイリアン」。
 ここまで書いてみて、これってパロディ映画?
 いやあ。そう思ってしまう。
 せっかく少年と少女の映画つくりのいい話をそのまま膨らまして行った
 方がよかったと思う。エル・ファニングは取り立ててうまいのに・・・
 今アメリカ映画で宇宙人が出てくるとみんなエイリアンになってしまう。
 タコとマントヒヒとウツボを足したみたいな形。これ、又かと思っちゃう。
 オリジナリティを出したらいいのに・・
  渋谷東映で最終回60人の観客と観たが帰りのエレベーターで
 若いカップルの女の子がエンディングの8mm映画の方が面白かったと
 漏らした。そのとおりだと思った。
  ここから又プラス妄想家として自分だったらこの映画どうするか。
 せっかく8mmに事故列車が映っていて軍に追われるいいアイデアが
 あるのだから、町からまず犬たちが逃げ出しているという設定ももらって
 列車に乗っていたのは、ソ連の宇宙飛行していたライカ犬の入ったカプセル
 だったとすると少年たちの物語も広がって、その世界で初めて宇宙に飛んだ
 生物・ライカ犬が何十年も地球を回っていてアメリカの砂漠に落ちた。
 果たして少年たちは、その犬とどう対面して自分たちの生活とかかわり
 を持つのか、シナリオの要を笑いにするか、感動ものにするか、それに
 よって死んでいるはずのライカ犬がどんな姿でカプセルから出てくるか
 いろいろアイデアがあると思う。
  最後は、自主製作の少年たちのゾンビ映画の救世主にそのライカ犬が
 なってしまうというのだったら、エンディングの完成映画につなげられる。
 まあ、このアイデアがいいかどうかは、別としてこの「スーパー8」実に
 もったいない爽やか系の映画だった。
 人の感じた方千差万別。劇場で足を運んで観られたし。
[PR]
by stgenya | 2011-07-05 18:03 | 映画・ドラマ
<< 森繁久彌の次男・建さん、試写会に来る ムーランルージュの青春ロードシ... >>