すてきな金縛りとすてきな隠し撮り

d0068430_4443693.jpg

三谷幸喜の映画「すてきな金縛り」を満員の六本木のシネコンで観る。
脚本・監督三谷幸喜。美術種田陽平、音楽荻野清子。
 前作の「マジック・アワー」がすこぶる面白かったので過度の期待
をして観たので少し批評が辛くなってしまった。
たとえばラストの草薙エピソードは、蛇足だったように思うし、落武者
の幽霊がストーリーの帰結に絡まなかったのが感情の置き所に肩すかし
されたように思った。まあ、それらは、いろいろ観てもらった方が
いいし、結構楽しんで観ている人が観客にいたので娯楽映画はそれで
いいと思う。何よりも今オリジナルでコメディー映画を撮り、客を
呼べるのは、この三谷監督しかいない現状なのでなんとかがんばって
貰いたい。
 さて今回この劇場版とテレビの「すてきな隠し撮り」を観て思った
ことを書いておこうと思う。どちらもキャストとスタッフは同じで別の
ドラマをつくった。だから俳優の力量が如実に出てしまった。
これは、役者はやりがいがあったしお金にもなったが正直その実力
を白日の元になったことは、残酷だっただろう。
いい役者。うまい役者。のってる役者。人気のある役者。
まあ、よかったんじゃないの。といわれる人も微妙に役を理解して
いなかったり、及ばなかった。それはテレビの早づくりだったので
時間がなかったのが不幸だったのかもしれない。
 一例ではとても振り付け師に見えなかった人もいた・・・
ただこの映画とテレビでどちらも力を発揮したのは、やはり西田敏行
だった。長いキャリアから来た役づくりと年齢による役者の顔のよさ
とが一番いいときではないだろうか。
とにかく自然に笑わせてくれる。相手役に対しても上にも下にもなって
あっという間に演じる。渥美清がやっていたことだ。
この人で「釣りバカ」以外のオリジナルの当たり役が世相と脂ののった
監督と組んでできたら、邦画のラインナップは実に明るくなるのにと思う。
そしてもうひとり今回の映画から面白いと思ったのは、深津絵里。
正直わたし好みの女優ではないので「・・金縛り」で深津が可愛いと
言っている人がわからない。ただ「・・隠し撮り」での深津がいい。
彼女は、どうしてこういう型をやぶった演技をしなかったのだろう。
あの「マルサの女」の宮本信子風に男の子ばりに跳んだ演技をして
いる。これは、発見であり面白かった。見直した。
30を過ぎて周りから「可愛さ」を求められ過ぎたのか、自分でその
「可愛さ」にこだわり過ぎたのか・・それは不幸だった。
この三谷監督にあって「・・隠し撮り」のコンシェルジュ役の俳優ヒント
を忘れないで次に行ってほしいと思う。たぶんこのコンシェルジュ役を
やっているときは楽しくてしかたなかったのではないだろうか。
人生も同じだが、俳優も監督も出会いでしかない。
才能は自分ひとりではどうにもならないのがこのショウバイ。
周防正行が新作を小倉で撮っているようで三谷幸喜とこのふたりが
動き出したことを喜びたい。
早く三谷には離婚の傷を癒してほしい。本人しかわからないがこの
ことが「すてきな金縛り」の持久力に多少影響したのかなとゲスの
勘ぐりをしてみたりしたが、映画とテレビと二本撮る発想の爆発が
あった作家の幸せを誰が、何がコントロールしてやればよかったか
難しい問題だ。まあ、再放送かDVDでこのテレビ版と合わせてこの
三谷の新作を観られることをおすすめします。
それは、ちょっと「すてき」かも。
[PR]
by stgenya | 2011-11-22 05:38 | 映画・ドラマ
<< この人は、誰れ? 教えて下さい。 早稲田大学演劇博物館にムーラン... >>