小田次男画伯の黒澤明を見た、貴重な証言


北九州在住の今年90才になられる小田次男氏は、
画学生でムーランに通っていた。
若い頃上京して絵の勉強をしていたが、
終戦後映画の道に進みたいと脚本を書いた。
そして小説も書いた。
 なかなか上手く行けず挫折。
そして役場から福岡の美術館へ就職した。
そして文楽と出会い、近松戯曲に惹かれ、画家になる。
昭和57年頃には、宇崎竜童と舞台「曾根崎神中」を
企画・製作した。
以後も歌舞伎や文楽の舞台画を描き、
国立劇場や松竹の大阪劇場などに
頼まれ劇中の場面画を描くようになる。
また月刊誌やパンフレットになって世に出る。
 その小田さんの永犬丸の家を訪ねる。
小田さんは、大正11年生まれ。昭和16年ごろ
ムーランルージュの割引に
ならんでいたら、一際背の高い男が並んでいた。
それが黒澤明だった。
それも一回でなくかなり頻繁に出会った。
ある時は、すぐ後ろだったこともある。
黒澤明がムーランの常連で割引に並んだということは、
横倉さんの本などに
書かれているが実際に会った人の証言は、はじめてだ。
助監督の黒澤明が高峰秀子と結婚をするとの噂が
一般の人まで広がっていた
ことも面白かった。
黒澤さんがまじめだったという。
今や有名な画家の小田次男さんは、戦後伊馬春部さん
とも交流が会った。
小田さん、ムーランや映画の話になったら、
いきいきとした口調になる。
黒澤明がムーランの割引に並んだのを見た人。
その証言は、貴重で記録的で宝の輝きさえ
持っている。
帰りがけ、伊馬さんの自筆の原稿のコピーを貰う。
[PR]
by stgenya | 2011-12-19 23:20 | 人物インタビュー
<< 新しい年 三木のり一さんの祖母 >>