川井みどりさんが語る三崎千恵子


笹谷みどりさん。女優としては川井みどりとして寅さん映画の常連。
三崎千恵子さんはムーラン解散後に大道具や結髪に大きな借金が残った。
昭和26年から7年間、それを逃げずに払いつづけた。
それも返すお金が少なかったのでぞうきんや帚をもって
掃除させてくださいと三崎さんは押し掛けた。
しかし
断られていくうちに中に入れさせてもらって手伝いをするまでになる。
この発想は、三崎さんしか出来ないもの。
地足のしっかりとしたひとの元は、ここにあったのかと感心した。
また
みどりさんは、山田組の裏話もしてくれた。
「男はつらいよ」の撮影中、撮影が進展しないとき
山田洋次が監督部屋にこもって台本を何回も何回も読むらしい。
それもそれぞれの役を自分で声色をつかって音読する。
側で聴いていたみどりさんからすると、その音読の芝居がすばらしく
午前中の現場で俳優が注意されたのがなぜかそれを聞いていて
わかったと言う。
自分の書いたホンを一日中でも何回も何回も読む。
現場で俳優やスタッフにきびしいが自分にもきびしい。
それが山田洋次監督のスタンスらしい。
それにしてもみどりさんの祖父が富岡マサシという無声映画時代
の俳優で溝口健二が日活向島へ入るきっかけをつくったと言う。
俳優になろうと溝口を誘った。富岡さんは女形だった。
衣笠貞之助がそうだったように。
ただ溝口は、足が悪て俳優からすぐにスタッフの方へ転向して
監督になった。富岡さんが誘わなかったら、溝口健二はなかった。
新藤兼人が「ある映画監督の生涯」の時インタビューに来たが
編集で割愛され、本の方にその話が載っている。
しかし撮影所というのは、不思議なところである。
川井みどりさんのようにフリーでちょい役とはいえ、
たえず出入りしていて後半の寅さん映画に何らかの役で出てる。
撮影所にはこういう不思議な存在の人がときどきいる。
こういう話を聞くとあの、大船撮影所をなぜ潰したのか
慚愧にたえなくなる。
昭和は遠くなるように、映画撮影所も遠くなる思いがする。
[PR]
by stgenya | 2012-03-21 04:45 | 人物インタビュー
<< アーティスト ヒューゴの不思議な発明 >>