アーティスト

d0068430_4371529.jpg

ARTIST監督ミシェル・アザナヴィシウス、制作トーマス・ラングマン
 渋谷で日曜の朝一番で50人の観客と観る。
キレイな絵。キレイな立ち振る舞い。キレイな音楽。
そして無駄の無いカッティング。モノクロ無声映画。1920年代の時代劇。
 1927年から始まり1930年代へと物語が綴られる。
ちょうどそれは、無声映画からトーキーへ映画が変わった時代であり、
世界恐慌の世の中でもあった。チャップリンの「街の灯」が発表された
時代でもあった。
 何よりジャン・デュジャルダンというバレンチノやフェアバンクスを
思わせる俳優の大人の表現力にこの映画は支えられている。
こんな役者がいたんだと驚く。ヒロインのペレニス・ベジョも好演して
いるがもう少し美人だったらよかったと思った。
監督の女房らしいので小さい声で言った方がいいのだろうが・・・
 物語は、大スターのジョージ(デュジャルダン)が素人の女の子と出会い
メークのアドバイスをして共演し、さらにトーキー映画ではこのペレニス
が女優として成長して行く。逆にジョージの方は、無声活劇にこだわり
凋落してゆく。このふたりの恋心も上り下がりしてあっという間のラスト
へ。ふたりを救う足さばき。見終わって暑い息吹を感じる映画である。
主人公ジョージの運命が転換するシークェンスでよく階段が出て来る。
声のない映画を立体的に見せるなかなか象徴的な発想だ。
それからこの映画を観ていて痛感させられたのは、俳優という存在の
重要度。眉の動きひとつ、視線の移動のひとつ、指や足の運びひとつ・・
どれをとっても俳優の表現力に映画というのは、支えられていることが
わかる。デュジャルダンのそれは、パーフェクトだった。
まるで教科書のような演技プラン。無声映画を退屈させない力を感じた。
1時間41分無声映画(ラストで声が一カ所出る)なのにまったく飽きさせない。
犬の使い方もコメディー・タッチでうまく作品にハマっている。
映画がかつて持っていた粋で勇壮で前向きさ加減がこの映画の芯に
なっている。
 ラジオの映画評でこの映画で寝ていた人がいたと言っていたが、
そんな奴は、映画評を語る資格がないと思う。
こんな愉快で心温まる無声映画で寝るようでは、よっぽど心が病んでいる
のではないだろうか。
ぜひこの映画はもっと観られるべき作品であるので劇場へ足を運ばれたし。
3D華やかなシネコン時代に一服の清涼剤になること間違いなし。
[PR]
by stgenya | 2012-04-16 05:22 | 映画・ドラマ
<< ル・アーブルの靴みがき 川井みどりさんが語る三崎千恵子 >>