黒澤明と高峰秀子

d0068430_15323962.jpg

明日待子さんの姪っ子である盛岡の守屋さんから
リンゴが届いた。有難い。
10月の盛岡での「ムーランルージュの青春」上映会の
主催者である。
 ここで来場された沢山の岩手県人の方に感謝いたします。
この上映を手伝ってくれた藤沢昭子さんが岩手山麓の滝沢村にお住まいで
戦前昭和15年8月に山本嘉次郎監督「馬」のロケが行われた斉藤家
をご存じで貴重な写真を見せてくれた。
馬小屋として使われた斉藤清一郎さんの家で撮った記念写真。
そこに少女の高峰秀子が写っていた。
しかし映画上映後これを見せられ
てびっくりした。
その高峰秀子の右隣に写っているのは、なんと竹久千恵子だった。
当時「馬」の中でデコちゃんの母親役だった。
そのバタ臭い顔は、モダンガールとして名をはせた女優だった。
しかもムーラン初期のトップ女優で島村龍三の「恋愛都市東京」などの芝居で
活躍し,ムーランを盛り上げた女優でもあった。
それがムーランの映画上映の日に出会えるなんて奇遇である。
d0068430_15512510.jpg

またもう一つのロケの記念写真には、黒澤明制作主任と山本監督。
そして左となりに助監督だった松山善三が写っていた。
高峰秀子と恋に落ちてのちに別れた黒澤明。
その黒澤の助手で働いていた松山善三がその後
デコちゃんと結婚するのだから、この写真には複雑な思いを抱く。
地方上映の面白さと発見の旅が70年の月日をつなげてくれる。
ムーランの時を超えた響きが聞こえてくるようだ。
[PR]
by stgenya | 2012-11-30 15:58 | 人物インタビュー
<< 人生の特等席 釜石港 >>