東京家族と故郷

d0068430_10165894.jpg

「東京家族」脚本山田洋次、平松恵美子、監督山田洋次
 名作小津安二郎の「東京物語」のリメイク。
山田洋次が晩年の黒澤明宅へ遊びに行ったら黒澤さんが
小津の「東京物語」を熱心に観ていたとインタビーに答えて
いたが、その本人の山田さんがリメイクしたのだから、この
小津のマジックは、強大なものだと言わざるを得ない。
 松竹に入社したての山田洋次ら若い助監督たちは、大船の
小津の映画をバカにしていたという。黒澤映画の「酔いどれ天使」
のようなリアルな映画を撮りたいと思っていた。
その当の黒澤さんが小津を晩年勉強していたのに驚いたという。
 いい映画というのは、廻り回って人生の本箱に帰ってくる。
今回の「東京家族」は、多摩川や代々木上原に設定は変えている
が役名や大筋は、原作に忠実に従っている。
それこそ前半は、カメラアングルさえもまねしていたくらいだ。
ただ新しく変えたのは、妻夫木と蒼井ゆうの役と設定だった。
ああ。そうか。この若い舞台美術で働く妻夫木と近くの本屋で
働いてる蒼井とのカップルをサブストーリーとして描きたかったのか。
と思うと、なぜ山田洋次は余りにも有名な映画をリメイクしたかった
のかがわかった気がした。
 つまりこれは、偉大なシリーズ映画「男はつらいよ」の構図と
一緒なのだ。寅さん映画という動かし難い原作をつくりつづける
ためには、その中に甥っ子の吉岡君と後藤久美子のカップルを
映画の中心にして作ったりしてきた。
小津安二郎という定番に自分の現代を切り取る映画的モチーフを
しっかりちゃっかり入れて新しい映画にしたかったのではないか。
同期入社の大島渚と違って、長年大船に残ってプログラム・
ピクチャーをやらされて育った山田洋次としたら、これは、小津さん
へのオマージュと一緒に現代の日本を象徴する若いフリーターの
恋物語を描くことができると思った時にこの企画が立ったように
思う。
 ではこの違いは、どうか。原節子の戦争未亡人のラストのセリフ
「わたし、ズルいんです。」というあの有名な人生の機微であり残酷
なセリフと演出には、やはり蒼井のセリフは敵わない。
それは、現代とはいえ仕方ないことでもある。
しかしそれにしてもさすがベテラン、最後まできっちり見せてくれる。
橋爪功も吉行和子も西村も中島朋子もよかった。
確かに菅原文太だとあの、ガニ股の橋爪さんの「そうか、そんなか」
という軽い感じは出なかっただろう。
 よくよく考えると生涯家族を持たなかった小津さんが「家族」を
描きつづけ、また幼少年期を満州で育って日本という故郷を持た
なかった山田洋次が、「ふるさと・日本」を描きつづけたことは、
とても不思議な感じがする。
作家は、ないものに恋がれるのだろうか。
 有楽町で二週目の夕方で70人ぐらいの入りだった。
それもほとんどが高齢者だった。でもそれぞれ観終わった後、
満足そうに帰って行った。
[PR]
by stgenya | 2013-02-01 11:14 | 映画・ドラマ
<< この天の虹 新年に重ねて >>