幻のニホンオオカミを追いつづける男


秩父野犬を平成8年に山中で撮影した八木博さん。
このニホンオオカミと思われる野犬に
遭遇してからニホンオオカミ研究に嵌ってしまう
八木さんのバイタリティーを取材したものです。
制作は、1999年。二十世紀の最後でした。
ニホンオオカミは昭和30年代は、山中のどこかに
いたと思われる。それは証言者の数が圧倒的に増える
からです。
秩父の山はまだ人の入ったことのない沢や峰がある。
どこかにニホンオオカミがひっそりと生存している
可能性はあるのではないでしょうか。
[PR]
by stgenya | 2013-04-06 21:04 | 人物インタビュー
<< 新しい映画 この天の虹 >>