ヤントンが死んだ。

d0068430_337537.jpg

喪中ハガキが来て、同級生が今年の5月18日に死んだとの報。
小、中学校時代の幼馴染みの通称ヤントン。
今年の春、電話で話をして元気で今度帰郷したら
会おうと言って別れた。
 まだ五十代。心筋梗塞で命を落とした。
なんとも言えない気持ちが立ち上がって消えない。
小学生のときの濃い仲間だった。
10才のぼくたちは、毎日家出を計画し実際に実行した。
みんなで川を下って、海に行けばどこかの島で
楽しく暮らせるのではないかと夢想した。
・・・・・・・
その時代の冒険と想い出を昔シナリオにした。
「ばってんモザイク」(ATG脚本賞特別奨励賞)
内容の半分は、ヤントンのことを書いた。
フィクションだからかなり誇張して
少年たちが戦争中池に沈んだB29を飛ばすという
ドラマをつくった。
ヤントンは、風のように転校してきて
風のように親につれられ夜逃げした。
実際は、夜逃げせず野球少年になって
甲子園をめざしてかなりいいところまで行った。
父親を幼くして亡くして育ったが早く結婚をし
家族をもち、立派な家を建てた。
・・・・・・・・
あの子どもの頃一緒に雨の日も雪の日も
山に入って基地をつくった時の甘い葉っぱの屋根から
落ちるしずくの匂いを忘れない。
なぜあんなに親や学校から逃れたかったのか
山に基地をつくって、遠征して
ボタ山の向こうに楽園があると底抜けに信じていた。
そしてぼくたちだけの独立国をつくりたかったのか
・・・・・・・・
その妄想から中学生へなる手前で現実に帰ってきた。
そうぼくたちをさせたのは、初恋だった。
ヤントンとぼくは、同じ人を好きになった。
しかし心の中で最後までお互いわかっていたくせに
口にせず大人になって、三人とも別々の世界へ巣立った。
遠い遠い昔の話ー
ヤントンは、もういない。
冥福を祈る。
[PR]
by stgenya | 2013-11-18 04:24 | 出来事
<< 純情の都 新しい映画 >>