ランド・オブ・プレンティ

ヴィム・ベンダースの新作。
昨日有楽町で見た。そしてベンダース本人とのトークショーで
いろいろなことを聞いた。なるほどと思った。
 まず総評。やっとベンダースらしい映画に戻ってきたとほっとした。
愛国心の塊となってロサンゼルスの町を自主パトロールする初老の
ベトナム帰りの男・ジョン・ディールがいい。そしてこの男に母の手紙
を渡しにイスラエルからやってきた二十歳の娘役のミッシェル・ウィリアムス
もあどけない中に強い意志をもった感じをよく出していた。d0068430_15461148.jpg
 そしてホームレスの屯するダウンタウンで奉仕活動をするミシェル
・ウィリアムスとBoraxという洗剤の箱を街角で取引していたアラブ人
ハッサンを追跡していたジョンとがこのダウンタウンの路上でその
ハッサンが走ってきた車から撃たれて殺される場面で居合わせた。
 ふたりは、この男の遺体をトロナという砂漠の町にある実兄の家
まで偵察車で運ぶ旅にでる。
 ここからベンダース得意のロードムービーである。そしてそこは
地の果て最貧者の住むトレーナーハウスの集まりだった。
ハッサン・アフメットの兄は死んだ弟の家族の思い出を語り、ただ
単に若者の気まぐれでハッサンは撃たれたという警察情報が入ると
同時に全くハッサンという男はテロリストでもなければなんでもない
ことがわかる。むしろ潰れた洗剤工場の品物を売ってかろうじて貧しい
生活をしていたことがわかった。
 ミッシェルの母(ジョンの妹)からの手紙をけして読もうとしなかった
ジョンがはじめてその手紙を読み、死ぬ最後に和解して娘・姪っ子
を頼むということがわかる。
ここは、「パリ・テキサス」と同じで心を閉ざしていた主人公がはじめて
心を開く瞬間である。
そしてふたりは、ニューヨークのグランドゼロを目指す旅に出発する。
ベンダースは、ミッシェルを想定してこの映画のシナリオを書き16日
で撮り上げたという。すごいローバジェットだったと語った。
彼が語った中で印象に残ったのは、予算が大きければ作家の口挟む
分量が小さくなり何もできなくなる。今回は、全く自由につくることが
できた。といったことだった。ベンダースらしさが戻ったのはここにあった
のだ。それから二人の役者がいい。自然でこころの清らかな瞬間を
表現できるジョンとミッシェルとに敬意を送りたい。
豊かで勝者であるアメリカとその底辺にある貧しい生活者の側面。
そしてやられたらやり返す手法がどれだけ無意味な結果をもたらすか。
それが、この映画で9.11後のベンダースのどうしても創りたかったテーマ
だったということがひしひしと伝わってくる1作である。
[PR]
by stgenya | 2005-10-27 11:55 | 映画・ドラマ
<< 三丁目の夕日 ミリオンダラー・ベイビー >>