映画評論家がいなくなった

d0068430_5102578.jpg

とある有名なヒット作のプロデューサーと話していて、マスコミ試写に来ない
映画ライターがいっぱいいて、DVDを送る習慣がいつのまにか出来て、
そのDVDも返さない。
もうDVDを送るのやめようと思っているとこぼされた。
だいたい映画ライターなんて言葉は、いつごろから出来たのだろう。
映画評論家と昔はいって、著作もあって言う事に重みがあった。
松田政男や佐藤じゅうしんみたいに喧嘩してまで論をはる人もいた。
それが今テレビ雑誌の芸能コーナーで映画を紹介する人を映画ライターと
言う。
評論家は、詳しい映画の知識がいるが、それほどなくてもできるということか。
DVDで映画を見る。
キネ旬や新聞の映画欄の映画記事を書いているライターも
そういうことが多くなった。配給宣伝から断れないとそれですます。
 試写室が仕事場だと言った古い批評家もいた。
忙しいからそれも仕方ないのかもしれないが、映画は、
やはり映写して見てもらいたい気がする。
途中で電話がかかる、家人や宅配の声が聞こえる。
そんな環境で出来立ての映画を批評する。
それを読んで映画館に足を運ぶ一般の人は、
映画館でみんなと見ている。
キネ旬のベストテンだって、100本以上の映画が対象になるのに
投票している映画評論家は、それぞれが2,30本しか見ていない。
全部見ている人が何人いるのだろう。
それで順位を決めるのって統計学的にもおかしいね。
この二十年、日本映画がよくなっているのだろうか。
どんな小さな作品も昔のキネ旬の村井さんみたいに足を
運んで評価する人がいた。
いろんな映画やシナリオのコンクールがあるけど、
突出したライターや監督が出てこない。
芥川賞などもそうだけど、それって選ぶ方にも責任があると思う。
あるいは、選んだ作品や作家がその後活躍せず、
何年もそういう状態がつづく。
それは、選ぶ評論家の能力も問われることにならないのだろうか。
コンクールで意見が白熱して、審査員が降りるという
真剣さがかつてあった。
評論って、それでめしを食うわけだからそんな真剣勝負が
もっとあってほしいと思う。
[PR]
by stgenya | 2015-06-23 05:09 | 映画・ドラマ
<< スターをつくるのは、オリジナル... スクリプター堀北昌子さん >>