スターをつくるのは、オリジナルストーリーだ。


井上梅次監督へのインタビューで
石原裕次郎を日活の江守さんから売り出すのには、
どうするのかと問われて、
配役では、脇を固めてから
まずストーリーだと言われる。
それもオリジナルストーリーだという。
裕次郎を最初文芸作品に出して、下地をつくってから
オリジナルストーリーで見せ場をつくり、
娯楽作を生み出す。
スターを際立たせるようなストーリーにしようとすると
自然とオリジナルになる。
大好きな井上梅次監督の貴重な話である。
[PR]
by stgenya | 2015-07-18 03:19 | 映画・ドラマ
<< 君の名は。 映画評論家がいなくなった >>