ゴムデッポウ

昨日草月ホールで伊丹十三の幻の監督デビュー作「ゴムデッポウ」を観てきた。
1962年に伊丹プロ製作で41年前に草月ホールで勅使河原監督の「砂の女」
と同時上映で公開されたらしい。翌43年にはATG系でも公開されたとのこと。
 つまりハリウッド映画に出演した伊丹がそのギャラでアリフレックスを買い、
当時結婚していた川喜多和子と自主製作した30分ほどの短編映画である。
脚本と助監督をこの和子さんが担当している。「砂の女」とのカップリングは
彼女筋の働きかけだったかもしれない。
 ストーリーは、自宅でゴム デッポウ遊びをして青春の退屈な時間を過ごし
ている若者たちが東京の街をぶらつき、またゴムデッポウに興じる。そんな
最後にいつも銀座のチロルという洋装店に勤めていて遅れてくるイッチャン
が仕事の愚痴をいい、伊丹と相棒がカメラに向かって銃を撃つ。
 これだけだと小津の「若き日」などの初期の無声映画のようだが、ゴダール
などのヌーベバーグ風な撮影を意識している。
そして特徴なのが多重的だということ。ひとりが画面いっぱいに映っていて
奥の、ときにはOFFで喧噪なおしゃべりがつづいている。これが随所にある。
 また舞台になっている麹町の立派な洋風の自宅の寝室で伊丹と恋人が
ベッドで寄り添う場面で伊丹が読書していて女がキスをせがむ。しかし伊丹
はいやだと拒み、女に他の女だったするくせにと悪態つかれてニヤリと笑うと
ころはその後の伊丹さんの離婚と川喜多和子の精神に異常を来す履歴を
匂わせているとも深読みしたくなる。
 しかし上映の後に村松友視と新井信との対談でこの映画からお葬式まで
伊丹さんは映画を撮らなかった。エッセイストとして過ごすが締め切り
や取材を気にせず当時の担当編集者の村松さんの目の前で原稿を書
いていたことからライブ感が好きだったので映画監督というものへ辿りつい
たのではないかという話は興味深かった。
 宮本信子さんの上映前の話で湯が原の家で偶然見つけたこのフィルム
のことは生前伊丹は誰にも言わず引き出しの奥に無造作にほったらか
していたという。もしかしたらこの処女作は、29才の青春の苦い失敗作
として「お葬式」までこの喪がとれるのを待っていたのかもしれない。
付け加えると映画作品としての失敗作ではなく青春の、という意味で。



d0068430_6515863.jpg

[PR]
by stgenya | 2005-12-28 06:52 | 映画・ドラマ
<< A Happy New Year 三丁目の夕日 >>