運命じゃない人

d0068430_1234527.jpg

 内田けんじ脚本監督、ぴあスカラシップ作品。
一言に言って、軽くて面白い写真だった。
このところ日本映画の膨大な新人作品で有望なもの
にこのぴあPFF出身者が多い。黒沢清の頃はなかった
が、矢口君あたりからか、入賞者に次の作品を作らせ
ようと始まったぴあスカラシップ(初めは三千万の予算
だったが)も今じゃ日本映画の底を支える歴史をもつ
までになった。
 さてこの「運命じゃない人」は、タランティーノばりの
パズル構成である。米のハイスクールを内田監督は
出たというので「パルプ・フィクション」を見たかどうか・・
 話は、婚約破綻して絶望した真紀と立派なマンション
を買ったばかりで彼女に逃げられた人のいいサラリー
マン宮田武とが真夜中のレストランで宮田の幼馴染で
探偵の神田の強引な気まぐれで引き合わされ、宮田の
マンションで一夜を明かそうとする。
 しかしそこへ逃げた彼女あゆみが荷物をとりに戻って
きたことから、この手垢のついたトレンディ・ドラマの
ような話が急変し、探偵と結婚詐欺師あゆみとその
手玉にとられた浅井組長との複雑な葛藤劇へ時間を
何度も戻してツギハギしながら翌朝のマンションへ
流れていく。
 構成的には、情けない男・宮田武の巻、次に探偵神田
そして組長浅井志信と人物を紹介しながらその都度
時制を戻してその切れ目には、深いF.Oを文法として
使っている。
 映画が発展していく中で、語り口もグリフィスの「イント
レランス」の時代を跨ぐ手法や「グランドホテル」形式や
「羅生門」の不条理な回想形式など、でてきたが、タラン
ティーノのパズル構成形式は、これからさらに進展して
知的な映画の文法として使われていくだろうが、内田の
今回の成功は、それを平易なエンターテイメントとして
作り上げたことによるものが大きい。
  この手法で宮田の周りで起きた出来事がそれぞれ違って
見える。日常に起きていることから、僕らが知り得るのは
ホンの一部でしかない。人は誰も複雑に生きている。
その綾を紡いで見せるところに映画が転がっている。
 又この地球という惑星で「人の善意」を信じて生きていく
ことが人を信じればできるハズという安易で切実な
テーマをこの一見ややこしい手法で映画にしてみせること
で新しいひとつの映画が出来上がっていく。
 役者もフジテレビだったら、宮田を中村獅童、真紀を
柴崎こう、神田をオダギリジョーなどというキャスティング
でやるのだろうが、この無名に近い中村靖日、霧島れいか
山中聡、板谷由夏とそれぞれインパクトは少なくとも味が
あってよかった。これからがたのしみな人たちだ。
 最後に欲を言うならば、真紀の人物像がもう一つ核心の
ところで描ければラストの金を返しにくるところがもっと
効果的なシーンになり、単に面白い映画でなくいい映画
になったと思う。
d0068430_13283092.jpg
[PR]
by stgenya | 2006-07-28 13:28 | 映画・ドラマ
<< クラッシュ 微笑みを抱きしめて >>