太陽

d0068430_103639.jpg

 ソクーロフ監督の昭和天皇を描いたロシア映画。
製作にイタリアの会社が加わって資金提供している。
タルコフスキーの「ノスタルジア」などと同じアート映画の製作方式。
 まず茂木健一郎のクオリアに勇気づけられて「印象批評」から。
この映画は、極めて神経の細かい美術家の純粋な創作力によって、
丁寧につくられた精度の高いレプリカである。
 映画を観るとき、その意味や内容よりも最初に感じた印象が
どれほど大事か、その印象が後年見直して違ったものになっても
初めて心の中に起こった映画に対する感情は、その映画の方向を
指し示している。
 「太陽」は、昭和天皇の一人称映画であり、昭和20年空襲の
激しい東京の避難壕の中で戦争の終わる過程を丹念に描き、
敗戦後マッカーサーの人間宣言を受け入れるまでをカメラが
追っている。
 日本人であるこちらとしては、イッセー尾形のひとり芝居から
観続けている関係もあって、「あ、そう」も金魚のような口パクの
癖もどうしても形態模写に見えてしまう。
しかもあの「チョコレート。おしまい!」のセリフに至っては尾形自身
の地がでてしまっている。ラストの桃井かおりの皇后など撮影の
合間の休憩のふたりのノリそのままにやってしまっている感があり
つい「なんだ。これ、年末のかくし芸大会か」と思ってしまう。
尾形は、器用な俳優である。
外国人が見たら「うん。そうか。そんな人だったんだ」と感心して
しまうかもしれないが、尾形天皇は極めてうまくカタチを真似ている。
ちょうど「吉田学校」の伊丹十三の田中角栄や「三文役者」の
竹中直人の殿山泰司のようだが、尾形天皇は前2人ほど内面に
迫ってない。
だから観終わって昭和天皇とは、どういう気持ちで終戦を向かえ
どんな気持ちで空襲の中植物と接していたのかわからない。
普通のこういう戦争歴史ものだと必要以上に「わたしはこう思った」
と役者がはりきって演じるのだが、イッセー尾形とソクーロフは
それをやってない。むしろわざとやらなかったのなかと思ってしまう。
昭和天皇の内面を演じず、カタチだけに徹したことがかえって
この「太陽」という映画の成り立ちと興行的な成功をもたらした
のではないだろうか。
 なんたって銀座の外れの元成人映画の地下映画館におじさん、
おばさん、一般新聞をしっかりと読んでいるような30代の女たち
や真面目そうな青年たちで溢れかえっているのだから。
できるだけ人物の内面を空虚にして見せることで、現在議論の的
となっている天皇というものに、右だとか左だとか傾かない映像
パッケージになっているのは、ある意味確信犯かもしれない。

それにしても今戦争を知らないわたしからみると、
よく「一億玉砕」なんて掲げたものた゜。
つまり日本人が米英に対して戦を挑んで負けたら全員死んでも
構わない。この地球上からいなくなってもいいと思い詰めた
ということである。19世紀からの植民地主義から太平洋戦争に
至る事情があるという論もあるが、それはそれで究明すればいい
が、昭和二十年8月日本は、全面降伏してアメリカに史上初めて
占領された。天皇は人間宣言した。
男はちんぽを切り落とされ、女はみんな強姦され日本人は奴隷
になると噂されたが、アメリカ文化という首輪をはめられただけ
だった。
 この映画の後電車で帰りながらうつらうつら思った。
イデオロギーよりも前にもしかして感情としてアプレゲールも60
年安保も連合赤軍も、戦争で負けたアメリカに対する怨みと負け
犬のように戦前は旗を振ってたくせに尻尾を振っている世代と
体制に対する嫌悪があったのではないだろうか。
ちょっとたとえが悪いが、何代もつづいた銀座の老舗を欲をかいて
膨大な謝金をつくり、立派な土地屋敷もろともみんなが外国人に
取られて小さなアパートで借家住まいしてしまったような感じに
似てはいないだろうか。
[PR]
by stgenya | 2006-09-26 11:23 | 映画・ドラマ
<< ククーシュカ メルキアデス・エストラーダの3... >>