佐賀のがばいばあちゃん

d0068430_1543941.jpg

 テレビドラマなどで活躍してきた倉内均がメガホンをとった小品。
しかしよくできていてホール上映に近い公開だったのがみるみる広がり
ロングランになっている。
 同じ吉行和子の主演で老人介護の映画があったが、それよりも興行
的に成功した。原作は、島田洋七の自伝的小説を映画化。
 テレビの製作会社がこれを自主制作の形で大量投資大量宣伝の局
入り映画と違って、地味につくり手作り上映となった。
時代ものでオープンセットがそれほど立派にできなくても(三丁目の夕日
のように大々的に美術費に金はかかっていない)佐賀での地方ロケが
よく撮れていた。そして母親から引き離されて一人九州の田舎の偏屈な
祖母のところで徹底的に貧乏な暮らしをさせれられる少年時代がしっかり
と描かれている。この映画がうまくいった要因のひとつは、子役である。
計三人の子役が一人の人物を演じる非常に細かい配慮になっている。
小学生低学年から高学年、そして中学生と年代記的に話が進んで
いく。そして子供は、よそ者でいじめられたりするけど、どんどん
逞しく育っていく。
 運動会の件は、そのピークに位置し、この監督が子供の演技に粘って
きちんとカメラに収めたことがなによりもよかった。
映像も話もそれぞれ文句のつけようがいっぱいあるが、映画一本見終
わって、この少年とがばいばあちゃんとの心の交信がしっかりとできて
いるので気持ちのいい感動に満たされる。
映画は、SFXをいっぱい使って見たこともない映像をこれでもかと見せ
られるより、映画が劇映画として何かを観客にもたらしてくれることの
方が本来的には飽きずに観客を映画館へ足を運ばせることになる。
よい映画は、どこか運というものがつく。
 そう狙っていたのではなく、たまたま世の中の話題が映画に近づくと
ということがある。「天国と地獄」の上映のときに「吉展ちゃん事件」が
おこる。いまいじめの問題がこれだけ騒がれいているときにこの映画
がロングランというのも作品がもつ運だと思う。
 家の下の川でばあちゃんとお母さんのところへ帰ることになった
少年とが眼を合わせず別れるシーンはとても印象に残る。
一本ちゃんと通ったいい映画がきちんと評価されなければ日本映画
の復活など本当の意味でない。
これらを創っていく人たちが生活しながら映画を作り続けれられること
を望みたい。
[PR]
by stgenya | 2006-11-27 16:47 | 映画・ドラマ
<< 武士の一分 ミュンヘン >>