センチメンタル・アドベンチャーHonkytonk Man

 
d0068430_19312959.jpg

Honkytonk Man。1982年クリント・イーストウッド製作・監督・主演。
ここでクリント・イーストウッドについて書こうと思う。
実は、「硫黄島からの手紙」で28本の映画を監督している。
黒澤明が生涯に30本の作品を80代までに残したことを
考えると、もう立派な映画監督である。
 「ローハイド」と「ダーティー・ハリー」のイメージが強いので
いつまでも俳優の印象が消えない。でもここでとりあげる作品を
見ると彼の監督としての素質を十分に認識できる。
 1982年。「恐怖のメロディ」(マルパソプロ製作)から11年目。9作目
の監督作。「荒野のストレンジャー」「ガントレット」などのB級ヒット作
を脱して初めて情緒的な映画を撮った。実の息子のカイルとの
共演でしみじみとしたロート゜ムービーなのである。
 西部の田舎町に砂嵐が来て、兄弟の家に飲んだ暮れた自称歌手
のC・イーストウッド扮するレッド・ストーバルが帰ってくる。
車の中にある私物と言えばギターだけの着たきり雀の流れ者。
Honkytonk Manという原題は、安酒場に集まる流れ者という意味らしい。
そしてこの原題のカントリーソングが最後まで流れて涙をそそる。
 何もない貧乏な農家、兄の子供と父親をつれてナッシュビルの
グランド・オール・オープリーのコンテストに選ばれたイーストウッドが
ナッシュビルまで3000キロの旅に出る。
 途中貸した金を貰おうと友人のところに寄ると金がなく、賄いの小娘
を押し付けられる。そして居場所がなくついて来た父親も年と貧乏に
疲れて生まれ故郷に帰るといなくなる。
 しかもイーストウッドのレッドは、肺病がどんどん激しくなり、肝心の
オーディションで最後まで持ち歌を歌えない。
行き場のない流れ者だけれど、俺には、ギターと夢がある。
この辺は、「バリ・テキサス」のテーストで「スケアクロウ」的である。
 最後にレコードを吹き込む途中で亡くなるレッドを簡単な埋葬して
子供のホイット役のカイル・イーストウッドとレッドの子供を宿した
賄いの少女がwalk awayしていくとこでクリントの切ないHonkytonk
Mantが流れて終わる。
 どこかでレンタルやであれば是非見てもらいたい小品である。
つまりクリント・イーストウッドは、アメリカン・ドリームに破れた
彷徨う男を描きたかったのである。
 人生は、思ったようには行かない。でも一度彷徨いの味を知った
人間は、その夢を追い続ける。この場合歌だけど、レコードで
叶わなかった夢が少女の妊娠にある意味託される。
切ないが救いのある映画になったのもここにあったように思う。
 つまりこの映画でイーストウッドは、敗者に対する静かな目を
もったように感じるのである。
それは、後半の「許されざる者」92年「ミリオンダラー・ベイビー」
や「硫黄島からの手紙」へとつながっているように思える。
 この激情しない静かな演技とラストシークェンスに涙がとまら
なかった。この人の才能は、もうこのときに芽生え始めていたんだ。
 それにしても息子のカイル・イーストウッドは、今40近くになって
いるのだろうが、どうしているんだろう。
因みにクリント・イーストウッドは、このとき50才だったのだ。
まだまだ人生はこれからだと教えられる一品だった。
[PR]
by stgenya | 2006-12-29 21:54 | 映画・ドラマ
<< 硫黄島からの手紙 007カジノ・ロワイヤル >>