それでもボクはやってない

d0068430_16475970.jpg

 周防正行監督の11年ぶりの新作。
フジテレビ・アルタミラピクチャーズ・東宝の製作。
3年の裁判所取材による周防監督自らの書き下ろし脚本。
この映画は、つくられるべき野心作である。
いろいろなタイプの映画が存在するが、ここ何十年もなかった
必要な映画(Sein kino)としてこの映画を位置付けることが
できると思う。
 いつまでも客に媚びる映画ばかりをつくっていていいのかと
言われてるような気にさせる映画だ。かつて敗戦の後に溝口が
「夜の女たち」を、小津が「風の中の雌鳥」を、黒澤が「わが青春に
悔いなし」をそれぞれ撮ったように商業映画の枠を超えて今この
時代につくらなければならないものとして作家から吐き出される
映画があったが、今回の周防作品はそれに当たる。
伊丹さんで言えば「静かな生活」であり、そこを通過しないと前へ
作者も進めないものである。
 痴漢冤罪事件をテーマにひたすら痴漢に間違われた主人公
金子徹平(加瀬亮)の警察拘置・取調べから裁判所での判決が
出るまでを丁寧に細かく描いていく。
これほど取り調べと裁判の進行をリアルに描いた映画は観た
ことがない。そういう意味でいうと静かな怖さを孕んだ奇妙な
体験をする映画である。
 監督本人が言っているが、主人公をニートにして、家族職場
の人間関係をできるだけ挟まずに裁判というシステムを凝視
していきたいとした目論見は的中している。
ここに妻子や職場が入ってくると別のドラマがどうしても出てくる。
取調べ調書は、どうつくられ、弁護人はどう入り、判事はどのよう
に事案を判断していくのか、という今まで当然のように映画やTV
で描いてきた法廷劇が全く違ったものに描かれている。
 この映画で言いたかったことは、1/1000の確立の無罪判決
を個人の小さな力ではどうにもならないように裁判所というシステム
がなっているという理不尽さである。
「僕は、心のどこかで裁判官ならわかってくれると信じていた・・・
 ・・・・それは違う。少なくとも僕は、自分が犯人でないという真実を
知っている。ならぱ・・・僕は、裁判官を裁くことができる。あなたは
間違いを犯した。僕は絶対に無罪なのだから・・」という最後の独白
で表される動かしがたい後味の悪さと根底からくる不安。
そしてラストに語られる裁判は、とりあえず裁く場所なのだという意味。
実は、ぼくたちは「とりあえず」という社会に生きている。
真実はいつかは明かされ正直に生きた分きっとかえってくるなどという
ことは、幻想でしかない。友だちも家族も仕事や地位も一皮剥けば、
みんな「とりあえず」なのである。こんな不安なことはない。
でもこの「とりあえず」をわきまえて生きていかなければならない。
そんなことをただただ感じさせる映画なのである。
 長い間周防君の中にたまっていたものがこういう形で出てきた。
何度も書き直された台本には、欠番が後半に行けば行くほど目立つ。
自分の映画を撮るというパトスにテーマが溜まらないと出来ない
タイプの映画監督であると自ら言っているように、伊丹さん譲りの
取材でシナリオを練り上げていく手法は、今回も健在だった。
 そして配役もぴったりと嵌っている。
加瀬君は最後の最後でオーディションで一目ぼれしただけあって
ぴったしだし役所さんは、言うことがなく、途中で代わって裁判官
をやる小日向は、なんとも名優の域。こんな憎らしい奴はいない。
子供の頃僕の婆ちゃんが嘉穂劇場で芝居を見ていて敵役が余り
に憎らしく、みかんを投げつけた話を何度も聞かされたが、あの
婆ちゃんが生きていたらきっとみかんを投げつけるに違いない。
副検事の北見敏之もいい、いい裁判官役の正名僕蔵も大抜擢で
適役だ。キャスティングは北野映画の吉川がやっている。
 演出の確かさとは、配役の妙とそれを生かす力と大本の台本の
骨格の強さをキチッと画面構成できることである。
 また周防監督は今までのコメディータッチと違ってシリアスな映画
をつくったがよく見ると、「ファンシーダンス」から「Shall we dance?」
までやってきた語り口と今回も同じなのだ。普通に生活していた
主人公がある日ひょんなことから未知の体験をさせられ、驚きと
戸惑いとともに知らなかったその世界を少しは理解するようになる
というストーリーラインである。それは、黒澤さんが子弟関係を話の
取っ掛かりとしたようにある意味野球でいえば投手のピッチング
ホームのようなものでテーマを自分の世界へ引きつけるひとつの
やり方と言えなくもない。
 しかしそれにしてもさすがに周防監督はブランクを感じさせず、
新たなしっかりとした映画をつくった。せっかく会社つくったのに新作
を作ってくれない周防君に内心ハラハラしていた桝井プロデューサー
もほっとしているのではないか。
 周防君自身新しい本の内容があまりに地味なのでホール上映も
考えたという。是が非でも今この映画を撮りたいと思ったという気持
ちがよく出ている話だ。
それでもボクは映画をつくりたい!と。
[PR]
by stgenya | 2007-01-24 16:37 | 映画・ドラマ
<< 市川崑物語 涙そうそう >>