ゆれる

 
d0068430_1415339.jpg
 
「ゆれる」原案・脚本・監督西川美和。
兄弟が他人になるハザマのゆれる葛藤を描いた映画。
この監督の映画を初めて観たが、見つめる力がしっかりしている
と思った。役者を、演技を、そして風景を切り取る力。
 何の先入観もなく感じたことが、「ファーゴ」のコーエン監督に近い
ところが画面の描写力にあるということだった。
余りカットバックのアップを使わずヒキの画にも同じ意味合いを乗せて
人物から距離を置いている。
 たとえば母の一周忌で食事をしていて父親の伊武雅刀と遅れてきた
弟のオダギリジョーがいがみ合うシーンで普通は、Longで位置関係
を見せたら父と弟のカットバックで見せるところを二人のいがみ合うヨリ
のカットの次のヒキのカットに感情を持ってくる。
そのヒキの画面には、兄の香川が腰を低くして客と父をなだめている。
このシーンで家の三人関係をまず見せている。
このとき変なヨリのカットがシークウェンスの最後にくっつけている。
それは、怒る父をなだめたとき倒れたテーブルの上の酒ビンから酒が
兄のズボンの裾に滴り落ちるカットだ。長い。兄は、これに気づいて
いないようで払おうともせず客をなだめている。
ここからこの兄の性格が後半の法廷での兄弟の葛藤につながって
いく。そしてその家でやっているガソリンスタンドで働いている幼なじみ
の真木よう子と東京から華々しい写真家として帰ってきた弟と出会う
シーンでもすれ違うアップでふたりを見せていて、車が走り出して見送る
彼女のロングで感情を表す。
 映像というのは、象徴的な場所を選んだところで勝敗が決まる。
つり橋というのは、テーマとぴったしである。
単純にモテないけど人のいい兄とモテるけどいい加減な弟と、その間で
ゆれる女。でも弟と一夜寝て東京へ行きたいと思う女。
それが判った兄は、女とつり橋の上でもめる。女は、落ちて死ぬ。
 他殺か、事故か・・・後半の裁判劇が兄弟の間でゆれる気持ちを何重
にも紡ぎ出していく。
 香川照之がいい。オダギリジョーが真剣にぶつかっている。
地方都市の狭い人間関係と生活空間をよく描いている。
そこに幼い日に家族で行った同じつり橋の思い出の8ミリが最後で
重要な役割をする。「パリ・テキサス」や「青春の殺人者」でも同様な
使われ方をした古いフィルム。
 ただなぜこのラストで自分は、泣けなかったのか。
確かにいい映画で俳優もよく若い女流監督もセンスがいい。
だけど最後のツメが落ちない。なぜか?
よく考えるとテーマが兄弟の嫉妬心というところに収束して行った
ことが関係しているかもしれない。
三角関係をやるなら、女がもっと二人の兄弟にとってどうだったか
というところが頭端折られすぎている。
又人間というのは、もっと複雑なものだとするなら、後半もっと
人間を突っ込まなければならなかった。
この監督の力量は、ここより上にいけるハズ。
俳優も状況も整ってきている。
もうひとつ上には、さらにもうひとつのつり橋があるハズ。
d0068430_14163298.jpg
 
[PR]
by stgenya | 2007-02-27 15:38 | 映画・ドラマ
<< 今宵、フィッツジェラルド劇場で 米国アカデミー賞速報 >>