ママの遺したラブソング

d0068430_0393370.jpg

A LOVE SONG FOR BOBBY LONG
邦題は、あまり冴えない「ママの遺したラブソング」。
 シェイニー・ゲイベル脚本監督作。主演のスカーレット・ヨハンセンと
シェイニーが意気投合して、5年の間脚本を練り製作資金と態勢を
整えて、ジョン・トラボルタ、ゲイブリエル・マックと俳優人たちを
決めて小規模で製作した映画。
  最近のCGオンパレードとリメイクばかりのハリウッド映画に翳りが
でてきて少し食傷気味の人にはおすすめの作品である。
 父も母も知らずに育った少女パーシー(スカーレット・ヨハンセン)は
ボーイフレンドと学校も行かずトレーラー暮しの自堕落な生活を
送っていた。そんなある日実の母親が亡くなったとの報せがくる。
ルイジアナの家へ訪ねると、母の家にはうす汚い中年の元大学教授
のトラボルタとその弟子の小説家志望のゲイブリルがいた。
  クラブ歌手だった母の町の仲間も加わってパーシーと居座った男たち
との間で摩擦が生じるが、だんだん心を開いていき、同居人の勧めで
学校に通うようになる。しかしあるときボーイフレンドが弁護士の手紙
をもってくる。居座っていた男たちには、一年しか家の使用権がないと
いうことがわかってパーシーは、激怒して家を売りに出しトラボルタたち
を追い出すが・・・・・やがて母の遺品から一通の手紙が出て来る。
  もちろんラストは、すぐに想像つく。ただよく書かれたシナリオは、
そんなことを超えて、対立する世代と散りばめられた人生に破れて
地を這い回ってきた人のセリフとにいい酒を飲んだときのように
心地よく心のひだに感応する。
  音楽の使い方がうまい。はじめ浮浪者のような同居人の中年男たち
と生活習慣がまるで違うので衝突ばかりする。その襞がすこしづつ
解けていくのに湖の美しい風景やクリスマスの雰囲気などの映像を
ダブらせてクラシック・ナンバーの一小節をブリッジしてつないでいく。
そしてクライマックスでギターをトラボルタが弾きながら歌うゆっくり
とした曲「知りたくないの」が効果的につづられて選曲が芝居に加担
している。この映画は「ウディー・ガスリーわが心の旅」などに近い一種
の音楽ロードムービーである。
  トラボルタが後年「パルプ・フィクション」以来こんな芝居のできる
役者だったのか、と思うぐらいこの映画でも人生の泥をたっぷり浴びた
中年男を演じている。この役は「恋愛小説家」のジャック・ニコルソンに
通じるものがあり、彼はデビュー時の歌と踊りを太った身体で得意に
こなしていた。
  スカーレットはこの本を気に入って深く製作に関わっていただけあって
巣立ちの危うい崖を歩き出した心に傷をもつ少女を自然に演じていた。
「マッチポイント」の大人の役と又がらりと違った傷つき易い少女を
体現していた。
  俳優が役を演じるとは、どういうことだろう。自然にあるように演じる
とはどういうことだろう。ある一つの型を見つけてもそればかりでは
役を演じ続けられない。
どうすれば自然に存在し具現化できるのか。
スカーレット・ヨハンセンほど若くてそれに近いところを歩いている俳優
はいない。それは生まれ持ったものと人間観察の深さと感情や思考の
振幅の広さに関わってくるものである。
 この南部のテネシー・ウイリアムズに通じる地縁血縁の人間模様。
酒と歌と人生。そして傷みを知っている人だけが真実味をもつやさしさ。
この女流監督は、スカーレットの才能と巧みな俳優たちとでそのやさしさ
を映画の中に火照った夏の草原に吹く風のように描き出していた。
 ラブソングは、娘に歌ったものではなく、恋人に歌ったものだ。
そしてその恋人を通過してラブソングを歌っている母の姿を見せたい
と願う娘への伝言でもある。

 
[PR]
by stgenya | 2007-04-23 01:55 | 映画・ドラマ
<< バベル バージニア工科大学乱射事件 >>