サイドカーに犬

d0068430_118257.jpg

根岸吉太郎監督「サイドカーに犬」。
 脚本は、田中晶子と真辺克彦。原作は、芥川賞作家長島有の
「サイドカーに犬」と「猛スピードで母は」。
 主演は、竹内結子、古田新太、松本花奈、ミムラ。
「雪に願うこと」が久々によかった(今年の日本アカデミー賞は
「フラガール」より「雪にー」を選ばなかった業界の認識の低さを思う)
ので喜んで見に行った。
 竹内結子が「春の雪」につづいての離婚後復帰作である。
女優の花があるのに、男にひっかかってしまって勿体ないなと
思っていたが、子持ちで再開。相変わらず色気がある。
 まずこの映画が純文学の映画化ということからも簡単にすっきり
しない鑑賞感がある。
そして根岸のせっかく「雪に願うこと」でいい味だしていたのにどうも
複数の要因でうまくいってない。
 話は、仕事にも私生活にも空虚感が見えてきた30女が、弟の結婚式
に出席するという話から、小学校のときに母が家出して、家に知らない
若い女ヨーコ(竹内結子)がころがりこんできた過去の夏の日々を
回想して、その自転車好きの不思議な女の魅力とともに子供の心
のまま生きることの大切さと難しさを懐かしく切実に感じてしまう
いまの女の子の穴うめ作業を描き出す。
 子役の松本花奈の自然な表情がいい。子供をこんなうまく撮れる
監督だったとは新鮮だった。
又二度目の出演の山本浩司がいいバイプレーヤーぶりを裏切らず
貴重だ。今バイプレーヤーがいない。評判なるとCMとってすぐ主役
をやりたがる者が多すぎる。
 この映画で上手くいかなかった要因の一番は、主演の古田新太だ
と残念ながら言わざるを得ない。バイプレーヤーではそこそこの
存在感を出す彼だが、今回人生に争うことを嫌い、欲がないけど憎めない
男を演じている。ヨーコが惚れてしまう男だ。二枚目でない設定の方が
いいのだろうが、家にいて、車のディーラーの仕事をして、幼い長男と
キャッチボールをして、飲んで食ってヨーコがそばにいたいと思う男
、逃げた女房も又どうしてるか心配になって戻ってくる男。
これは、夫婦の機微を描いた成瀬巳喜男作品の上原謙(三枚目も
上手かった)などのようにはいっていない。
ヨーコの手脚の長い竹内結子が最初に画面にでてきたときから
サバサバしているけど丸出しの色気がある。こんな女が子持ちの
中年男のこどもの世話やめしをつくりにくる魅力が「あの」(純粋にこの
映画の中だけの演技で)古田新太に感じられないのは、最大の失敗
である。よく考えてみてもここがポイントだ。どこが気に入っているのか
大人の父である古田に、こどもの心をもっているヨーコが。
 「男はつらいよ」の渥美清は、不細工だけど早い演技でチラッと
二枚目を出す。マドンナがつい「寅さんー」と惹かれていく過程が
面白くて長続きした映画である。
中年で頼りないけど一瞬に見せる人のよさや男の切れ味みたいなもの
をこの映画でどう演じようとしたのか、棒調子すぎないか。
バイプレーヤーで隅にいるだけなら柄でなんとかなるが、女房が
家出し、代わりにすぐ若い女が転がり込む役は、ミムラ演じる娘の
薫の替えられない思い出の一端を担っているのだ。
汗のかいたTシャツで喫茶店から引き上げてきたテーブルゲームを
子供とやっているだけで父親を演じてますってことにはならない。
「ウオッホホ探検隊」でやった田中邦衛ぐらいはやってほしかった。
 それからシナリオ的なことでもっとも肝心なエピソードになるヨーコと
薫のふたりだけの伊豆の海へ泊まりにでかける件であるが、
ここで少女の薫は、どういう心の状態だったか、ヨーコも古田と別れる
予感がつきまとう切ない旅。
脚本構成として薫についてのそれまでの母がいなくなったことに対する
不安と、親たち大人に対しての孤立。そしてなんだかカッコよく
見え始めたヨーコという母親代わりの女の受け入れ方。
これらを丁寧に描いていれば、あの海行きで一緒に風呂に入ら
なかったけど、ヨーコという女を容認して岩場で嫌いな貝をいっしょに
採るというエピソードが感動的にできたように思う。
必ず外して一歩引いた目で構える根岸の根岸らしさが出たとはいえるが
からっとドライでクールだけど、足はしっかりと地面についている人物を
つくるのがうまい根岸のその演出手法は、ある意味役者の実物の内容
によって決まってしまう。
クールだけれど地に足をしっかりとついたヨーコは、サイドカーは
似合わない。ヨーコと薫が出会ったばかりのとき、ヨーコが自分の
フクラハギを触って硬いだろって薫に触らせて、ラスト大人の薫は
自転車をとめて自分のフクラハキを触ってみる。
かたいなぁ・・・・
自分の足でこぐ人生は、時に息切れするが、地に足をついた丈夫な
からだをつくってくれる。大人になるということは、とりもなおさず
自前のかたい足で歩くということ。
[PR]
by stgenya | 2007-06-26 13:03 | 映画・ドラマ
<< 13/ザメッティ ローラーとバイオリン(シリーズ... >>