イングマール・ベルイマン死す。

スウェーデンの巨匠、バルト海の小島の自宅で逝去。
伝説的な天才映画監督がまた一人、いなくなった。
89才だった。
「処女の泉」「野いちご」「沈黙」「叫びとささやき」「ファニーとアレキサンドル」
などの一作一作が人間の根源的な欲望と美しさと罪深さと戦後の
神無きあとの世界でどう生きて行けばいいかを探求して来た
映画作家だった。
 世界は、多様性に満ちていた。
フェリーニ、ルノワール、フリッツ・ラング、デビット・リーン、A・ワイダetc
ヨーロッパ映画が各国で巨匠たる映画監督をもち、
アメリカ映画だけでなく世界中でその人たちの新作を
待ち望んでいた時代があった。
ベルイマンは、北欧でそんな映画監督のひとりだった。
冥福を祈る。
d0068430_60465.jpg

ベルイマン逝去ニュース
[PR]
by stgenya | 2007-07-31 05:55 | 映画・ドラマ
<< 街のあかり ダイ・ハード4.0 >>