憑神

d0068430_15591861.jpg

 憑神(つきがみ)。東映時代劇。
  監督:降旗康男、脚本:降旗康男、小久保利巳、土屋保文。
 原作は、ストーリーテラーの浅田次郎。
「鉄道員」から八年ぶりの降旗×浅田コンビ。カメラも木村大作。
美術の福沢が抜けているが、ほぼ同じスタッフでエンターテイメントを
ねらった。
 話は、面白いつくりで下級武士が幕末、出世を夢見て「三めぐり稲荷」
に願をかけたところが間違って不幸の「三めぐり稲荷」だったことから
とんだ事態になっていくというコミカルであるが、切なく、又武士としての
生きる分を自覚するという構造になっている。
 この面白さが制作者が原作を映画化したいと思った第一の理由であろう。
しかしこの映画を観ていて、本当に原作の面白さを素直に堪能できた人
が何人いただろう。
 この場の悪さと不完全燃焼はどこにあるのか。
満を持して望んだスタッフと妻不木主演の映画化だったはずだ。
それがなぜ不完全になったか。
まずシナリオである。次に配役の役に入る度合いが薄かったこと。
そして何より全員の熱が現場に乗らなかったことではないか。
 はじめにこの脚本で居候になっている長男の家での関が原以来
影武者の家系で兄さん(佐々木蔵之助)、母(夏木マリ)、嫁の鈴木砂羽
の基本家庭がきちんと描かれていなかった。
これは、致命傷である。長男である佐々木が自堕落であるが何ゆえか、
鈴木砂羽は、何を計算して無表情にしているのか、当然この辺がバラ
バラなのでアニメライズした夏木が飛びすぎた演技になってしまう。
本当は優秀な才をもっている妻不木の弟が不運で居候している。
でも家督の時代何かを武士の家でみんな背負っているはず。
誰もそこを本気で考えていないし、監督も演出していない。
はじめのここがスカスカだとついていくのは、難しい。
こういうのは、よくNHKの大河病であること。オールスター揃えて
みんなバラバラに力んで芝居して、気持ち悪いドラマになっている。
演出が方向を決めかねているか、能力がないかだ。
日活アクション以来のヒットメーカー降旗監督。老齢で枯れてしまったか。
粘りが見られない。脚本は、ここをわかりやすくするために同族の武家を
出して対比するか、かつての家臣か、上司を配すか、又面白い家訓を使うか
この綾を台詞なりに三人の脚本家が練ったか。疑わしい。
 そして役者たちである。時代劇初めての妻不木のココロの中は
下級武士から逃れたいという綾をどう考えたか。現代劇で光る彼も
計算しきれなかった。香川はいいが、話が進むと定型の芝居に流された。
西田、赤井の貧乏神も厄病神もよかったが妻不木と絡んだ最後に
役の相乗効果がうまく出なかった。
ただひとりよかったのが最後の死神の森迫永依だけだった。
少し臭いがこの子だけは生き生きしていた。
つまりこの台本を貰って、東映のスタジオでメイクしてライトが点った
ときにどうやろうかと俳優たちが突き詰めていない。
コメディーだからこんなところで、この前出た作品で受けたからあの辺の
感じでやりましたみたいな手抜きとは言わないが、楽な芝居をみんな
してしまった。
当然三番目の現場に熱が盛り上がらない。くだらない冗談をせいぜい
言い合うぐらいか。
本当は、監督がここを取り仕切らなければならないが、その力が落ちて
いる以上監督補が本多猪四郎ぐらいの人をプロデューサーが配さなけれ
ばならないところだ。
このくらいの演技で、この辺の演出でいいだろうという疫病神が映画の
死神になってしまう。
この話ならもっと面白くできた筈だ。その極めつけが江口洋介だ。
あんな勝海舟がいるか、あれなら江戸は火の海だ。
彼は昔坂本竜馬をやっているが、あの坂本竜馬と今度の勝海舟は
どこが違うんだろう。
ハリウッドの役者は、オフの日、仕事がない日みんなシノギを削って
いる。ちょっと名前が出るとCMとテレビで食っていける。
映画なんて時間ばかりとられて、割が合わない。そんな人はそこで
生きていけば、いい。出たくても出れないで深夜ファミレスでバイトして
いる女優志望、荷物運びの重労働をしている男優もいる。
みんな初めは、汗かいて叩かれて今の地位にきたはずだ。
こんな演技でいいなら、日本映画は、いつまでも浮かばれない。
この浅田原作の企画、誰にやらせればいいのか、若い後継者を
つくっていない不幸がここに現れている。
「バルトの楽園」の出目さんもそうだけどうまくベテランはつくるが
大ヒットの名作に仕上げるには、時がたち過ぎている。
優秀な監督、優秀な俳優、優秀なスタッフを育てないと先細りしてしまう。
悪くないしそれなりにベテランがつくっているでは駄目なんだ。
[PR]
by stgenya | 2007-08-28 17:20 | 映画・ドラマ
<< 遠くの空に消えた 街のあかり >>