プラネットテラーin Grindhouse

d0068430_6155640.jpg

「プラネットテラーin grindhouse」脚本・監督ロベルト・ロドリゲス
 共同制作のタランティーノの監督作「デス・プルーフ」と
対になる作品。B級映画への徹底したオマージュ。
グラインドハウス自体がかつて60年~70年代に流行ったB級
映画専門館のことらしい。
未知のウィルスに冒されて街の人たちがどんどんゾンビになる。
それに果敢に立ち向かうのが解体屋エル・レイとゾンビに片足を
咬みちぎられてそこに機関銃を埋め込むストリッパーのチェリー
・ダーリン。本人は、ゴーゴー・ダンサーと言い張りスタンド
アップ・コメディアンを目指している。テキサスの場末の小屋に
いた片足の美人ダンサーをロドリゲスが見つけてきて映画の
主役に大抜擢した。片足でカンフーのように敵を撃ちまくり、
マッドマックス並みにオートバイを走らせ、豊満な裸で男を
虜にし、エヴァ・ガードナーのような演技と顔で砂漠の街を
駆け抜けるすごい映画。
 待てよ。ファースト・シーンのタイトルバックで見事な肢体
をストリップの舞台で繰り広げていたのは、主役のチェリー
役のローズ・マッゴーワンじゃなかったか。
途中で昔の恋人エル・レイと再会した直後にゾンビに右足を
失うぞ。しかも病院のベッドから逃げ出して敵と戦うのに
片足で歩いている。ということは、ロドリゲスが見つけて
きたダンサーは、実は双子で両足のある姉がいた・・・
なんて想像してしまうほどローズの片足姿が良くできている。
実は特殊効果だそうだ。そしてラストの海べりの古代都市
遺跡にヘリで降りてビーチで楽園という空撮もCGでうまく
作っている。これじゃB級映画じやないじゃん。
 でもエログロ満載のこの映画。タランティーノ作より
楽しめる。子連れで逃げ回る美人医師マーリー・シェルトン
も太もものガーターからガンマンのように注射器を取り出す
ところは、ゾクゾクする。最初の軍事基地での細菌ガスが
研究者とブルース・ウィルス率いる軍との争いで蔓延する
あたりは、マカロニ・ウェスタンのテイスト。病院から
郊外のバーべキュウハウスでのゾンビ増殖して襲ってくる
のは、ジョン・カーペンター。バイクとトラックで逃げる
後半は、マッドマックス。好なもののおもちや箱。
これだけハチヤメチヤでもスカスカの今の日本映画なんか
よりちゃんと構成と台詞が練られている。
 最初にチェリーとエル・レイが再会するバーベキュウ・
レストランの主人は、保安官の兄という設定で秘蔵のソース
の作り方をエリートの弟には教えない。DVの夫(ジョシュ・
ブローリン)にレズ友メールがバレて、殺されそうになる
女医のマーリーとのエビソードはコメディー味。
保安官(マイケル・ビーン)と札付きエル・レイとの関係は
対立しながら最後は協力するというB級アクションの定番。
そして何よりエル・レイとチェリーがゾンビに追い詰め
られて言う台詞がこの映画のテーマになっている。
ふたりで世界に立ち向おうよ。Two against the world!
こういう娯楽に徹したものは、いいことはひとつだけで
いい。あとは、美人のぐっとくる姿と目を覆いたくなる
内蔵飛び散りの恐怖と撃ちまくるカイカンがあればいい。
ロジャー・コーマンのイカサマ火星人映画からコッポラ
の無名時代のピンク映画までグラインドハウス映画を
馬鹿にできない。映画が町の悪ガキを虜にして、犯罪者
にならず創造者にしてくれてきたのも、こんなB級娯楽
映画のおかげだとも言える。
粋な台詞もなくただ泣かせの映画ばかりつくって見せて
いたら、それこそ馬鹿になるよ。
そんな奴らにも一発食らわすパワー全開のロドリゲスの
ホラー・アクション映画だった。
[PR]
by stgenya | 2007-12-27 07:15 | 映画・ドラマ
<< ぜんぶ、フィデルのせい 椿三十郎 >>