マキシム・ムンズクさん、黒澤明へメッセージ


リンク:http://jp.youtube.com/watch?v=t5laruWvL3c

映画「デルス・ウザーラ」のデルス役をやられた
マキシム・ムンズク氏にシベリアのクングールという町て゜
1989年3月にお話を伺い、3月23日の黒澤さんの79才の
誕生日のお祝いをメッセージとして個人的に撮影した
ものの一部です。
 彼は、あのデルスそのままにとても素朴な人でした。
当時77才だったが、極寒の地でも逞しくしっかりとして
いて、誰に対しても優しい人でした。

黒澤さん、一緒に東京で仕事をしたあなたと日本の映画人の
皆さんにご挨拶を送ります。皆さんに心から感謝しています。
黒澤さんや黒澤さんの弟子たちと一緒に仕事ができて有り難いく
思っています。創造的な仕事のご成功ともちろんご健康とを
お祈りしています。
 もうじきお誕生日ですね。おめでとうございます。
本当に感謝しています。私たちロシアの映画人からくれぐれも
よろしく伝えてください。
 黒澤さん、1974~1975年の2年間一緒に仕事をしましたね。
私は、実にうれしかったですよ。ありがとう。
自分はまだまだ仕事をするつもりです。
もっと働かなければなりません。
黒澤さんにまたお会いしたいです。
あなたは、とても大きな人でした。
ありがとうございました。
ー他の日本人スタッフへどうぞメッセージをー
また野上さん、中井さん、簑島さん。
ほかにもたくさん友人がいました。
三船さんも知り合いです。皆さん、お元気ですか。
1975年9月30日から10月10日まで初公開のときに日本へ
行きました。東京、大阪、京都と。とても気に入りました。
もう一度行きたいものです。そして黒澤さんをはじめ友人たち
にお会いしたいです。
どうかよろしくお伝えください。
心からありがとうございました。

d0068430_22245627.jpg

マキシム・ムンズク氏は、1912年7月15日にロシアのトゥーバ
というところで生まれ、俳優、歌手、舞台監督と活躍しました。
奥さんもトゥーバ音楽舞台劇場で歌手をしていると語っていました。
このインタビューの中でも黒澤さんと2才下だと言っていました。
そして1999年7月28日クイズイルにて死去。87才でした。
その前年9月に黒澤さんが88才で亡くっています。
西村雄一郎氏の「黒澤明ー失われた10年」という本で「トラ・
トラ・トラ」で傷ついて、この「デルス・ウザーラ」で復活
する様子が描かれていますが、このシベリアでムンズクさんと
映画を撮らなかったら、その後の「乱」や「夢」はどうだったか・・・・
ちょうどこのインタビューの年、黒澤さんは、「夢」の準備を
していました。もしデルスに隊長が最新の銃を渡さなかったら
殺されずにあの「夢」の笠智衆のような100才を超える老人に
なっていたかどうか。
映画の中でデルスが隊長に太陽を指して言う。
「あれ、一番偉い人、あの人死ぬと、みんな死ぬ。」
そして月指して二番目に偉い人という件があるが、あの自然児の
言った言葉を肝に銘じていれば、どんなことだって怖くないハズだ。
難しい言葉も架空の金融も偽装の生活も宗教もいらない。
環境の破壊も核やテロの脅威も太陽がなくなればその価値はない。
ムンズクさんの純粋で自然と人間の真実を知っているあの潔い覚悟
の演技が今でも胸をうつ。
「デルス・ウザーラ」の撮影は極めて大変だった。監督は最後の作品
の撮影までこのときの帽子をかぶり続けたというぐらい困難な
仕事だった。でもここを死んでも乗り越えなければあの「トラ・
トラ・トラ」の二の舞になる。そう感じたんだと思います。
あんな天才でもどん底や地獄に足がはまることがあるのです。
どんな人でも絶望はある。しかしどう復活するか、
この黒澤さんの失われた10年は、そのヒントになります。
生きている限り、仕事(創作)をするという姿をこのふたりに
教えられたような気がします。
[PR]
by stgenya | 2008-02-28 04:18 | 人物インタビュー
<< 明日への遺言 潜水服は蝶の夢を見る >>