パークアンドラブホテル

d0068430_19295691.jpg

「パークアンドラブホテル」ぴあスカラーシップ作品。
監督・脚本熊坂 出。出演りりィ、梶原ひかり、ちはる、神農幸、他。
 はっきり言って今の日本映画の中では、このPFFスカラーシップ
のプロデューサーたちの力は、貴重である。
ここからいい作家が出てきている。内田君は、新作が公開を待つ。
 まだ西ドイツの頃のベンダースやファスビンダーたちニュージャーマン
といわれた一群がでてきたときの低予算だが、いい短編小説の
ように切れ味のいい作品がかつてたくさんあったが、この映画
はそんなニュージャーマンシネマのテイストがする。
 新宿の今にも壊れそうな現役のラブホテルだけがほとんど
舞台で三幕劇のように話が展開する。
 昭和50年生まれの熊坂監督の力量を感じる。
彼は映画の手段を持ちえている。このしたたかさに驚いた。
映画は、カットバックとモンタージュでお話を順に撮っていけば
素人でも形になる。映画のセンスや才能は、そこにその撮影する
画にテーマに合った自分なりのルールをつくっていくことに如実に
現れてくる。作る映画シナリオのテーマやモチーフにピタっとくれば
それは、成功である。このピタっ!を監督は、シナリオを手にした時
からせっせと考えるものだ。
 熊坂監督は、この映画で面白い撮り方をしている。
人物が左で右向いているときは、問題提起で深刻なシークェンス
で右にいて左向いているときに内心吐露の回答をしている。
つまり左の表の顔と右の裏の顔というルールが出来ている。
そして正面でアップにして決心や告白を言わせる。
あとは、ほとんど手持ち移動で人物を追うというスタイル。
ここで何が現れるかといえば、ラブホテルの支配人リリィの心
の流れなのである。
 本来だったら、すれ違うだけの女三人とココロを通わせて
しまう道具としてラブホテルとその屋上の解放区的な公園が
あり、そのぶつかり合うそれぞれの孤独を理解し合う表現として
この人物の撮りかたでその心の流れを見せていく。
 物語は、雑踏を彷徨う13才の少女の新しい家族をもった父と
会えない苦しさを髪を染め直すことでりりィと心が通う章と夫婦
仲がうまくいかずジョギングで痩せることに執着する若い妻の
章や不妊症の女でラブホに毎回別の男をつれてくる章の
三つからなっていてそれぞれにラブホ支配人のりりィが自身の
秘密(新宿区の遺体係との)を最後に明かしながら、人生そんな
にうまくいくものじゃないと呟くラストに話を持っていく。
 はじめ民俗音楽のようなバックでラブホの屋上を解放区みた
いにして老人、子供、子連れとが遊んでいる発想は、ちょっと
現実離れしてひいてしまうが、これがファンタジーとしての
仕掛けだと納得すると、この王国の支配者りりィのノーメイクの
表情が天使のように見えてきてラストまで癒しと救いの顔と
なって気持ちよく観ることが出来た。
ちはるのノートの表紙の説明にでてくるセリフだが、
月の裏側は、誰も見たことがない。そこに到達するまでの
距離を走るとちはるはジョギングをしていた。
人の裏の顔。これがこの作品のテーマである。
赤の他人がどうして人の裏の顔を見て、また見られた人が
自分の裏を告白するか、それがこの映画の語り口の面白さだ。
孤独なのは、だれでもそうだ。その孤独とどう自分が折り合い
をつけて生きていくか。それを皺だらけの顔でりりィがみごとに
演じている。彼女の存在があって初めて成り立った映画だと
明言できる。
作家の目を感じる近年めずらしい映画らしい映画だった。
[PR]
by stgenya | 2008-04-30 17:02 | 映画・ドラマ
<< ゼア・ウィル・ビー・ブラッド ぼくのピアノコンチェルト >>