幻の黒澤作品

d0068430_2232566.jpg

「罪なき罰」昭和24年に公開される筈だった黒澤明作品。
渋谷の古本屋で見つけた映画雑誌の巻頭広告に写真入りで
予告が載っていた。
こんな作品があったなんてまったく知らないし、どこにも
情報としてふれたものを目にしたことがない。
d0068430_22535618.jpg

主演三船敏郎、三条美紀、大映制作。
「酔いどれ天使」で一躍脚光を浴びた新人監督が東宝争議
で映画がつくれず、大映から声がかかり春の大作として
企画された。
原作が菊田一夫というのがいかにも大映らしい。
しかしこんな映画の存在は、誰も知らない。
おそらく企画はされたのだろうが、ポシゃってしまった。
この年は、「静かなる決闘」がつくられている。
大映は、ポスター撮りまでして宣伝しながら別のものに
なった珍しい例だろう。
大映東京の当時宣伝部にいた人が存命なら、この経緯を
知っているかもしれない。
黒澤自身、何もこの映画については語っていない。
当時黒澤は、脚本家としても活躍していたのでここまで
進んでいた企画ならきっと脚本は書かれていたのでは
ないだろうか。
この頃狛江市に住んでいたから、その後成城へ引っ越す
のに紛失したのか、今となってはわからない。
脚本だけでも読んでみたい気がする。
[PR]
by stgenya | 2008-05-31 22:54 | 映画・ドラマ
<< 山のあなた 徳市の恋 アフタースクール >>