ぐるりのこと

d0068430_1740100.jpg

「ぐるりのこと」脚本・監督橋口亮輔。シグロ制作。
前作から6年ぶりだそうである。若手若手と思っていたら
もう40をすっかり過ぎているらしい。
 瑞々しさから今度は、確かな人間観察眼をもったしたたかな
演出に変わっていて驚いた。
映画の出来がすばらしい。リリー・フランキーと木村多江とい
う変化球のキャスティングも見事にストライクゾーンにハマッ
ている。ここが浅野やトヨエツなどの順当な配役だとここまで
自然な感じは出なかっただろう。
夫婦の心の葛藤を極めてリアルにペーソスと痛みを表現して、
楽しみにしていた子の死をきっかけに鬱病になる妻との危機
を克服していくかなり辛い話を見終わった後にむしろ清々しい
気持ちさえ残してくれる映画になっていた。
 この監督は、脚本が書ける。はじまりの靴修理の夫と出版社
勤めの排卵日をチェックしながらマッサージを受けているカッ
トバックのコミカルな描写でこの夫婦の関係や性格の紹介を
見事に表している手腕とこの映画自体が法廷画家に転身して
90年代の10年余の日本の大きな事件の裁判を全体のストーリ
ーの流れをつくるレール役にして進めていく構成がまたうまく
いっている。
 日本を、世界を描くことはこの90年代をどう見ていくかと
いうことが大きな核になる。特に88~89年の宮崎事件(つい
最近死刑になった)と95年のオウム事件は、単に昭和が平成
に変わったということや20世紀が終わったということだけ
でなくインターネットを始めとして、国家間を分断したテロ
と社会との対立など世界と人間との対峙が大きく変わった
時期で作家は、犯罪から人間の深淵を探ろうとする性質から
60、70年代の貧富の差から時代や人間を見ていく切り口と
明らかに変わっている。
 この各個人の中に増殖した無機質なテロを抱え込んだ現代
人の鬱的な閉塞感をどう乗り切るかという根源的なテーマに
橋口は向かい合っていて、そこで出てきた答えが「寛容」と
いうことだったようにこの映画を観て思った。
終盤翔子(木村多江)の鬱病の苦悶から夫の法廷画家カナオ(
リリー・フランキー)が慰めて自分の内に妻を受け入れる感動
的なシーンで自分の不幸な生い立ちを語る場面があるが、
時代のテーゼがどんなに変わっても「生きる」「生き抜く」
ということで不変なのだ。
それを気づかせてくれる非常に繊細な作品に今回は仕上がっ
ていた。惜しむらくは、翔子が心の回復にあるお寺の天井画
制作に没頭する件が唐突だった。
シナリオ的にはもっと翔子の日本画へ情報が欲しかった。
まあ、でも橋口が今の日本映画界で成瀬巳喜男に一番近い
存在だったという発見は大きかった。
リメイクの「隠し砦の三悪人」や「三丁目の夕日」の監督
たちみたいに映像だけに凝って演出力のない者たちが多い
中で彼の存在は貴重だと言わざるを得ない。
[PR]
by stgenya | 2008-06-22 18:59 | 映画・ドラマ
<< 崖の上のポニョ インディー・ジョーズ/クリスタ... >>