新版大岡政談から忠次旅日記へ

d0068430_1633514.jpg

幻の映画「新版大岡政談」がフィルムセンターでスチール構成で上映
された。原作林不忘。監督・脚色伊藤大輔。撮影唐沢弘光。
主演大河内傳次郎。共演尾上卯多五郎、伏見直江、伊藤みはる。
昭和3年(1928)日活太秦製作。無声映画。
 戦前の日本映画の黎明期の傑作といわれてその存在が未だ極く
短いフィルムの断片しかない伊藤大輔+大河内傳次郎+唐沢カメラ
のトリオを決定づけた映画。
それを大河内さんの遺族から新たに出てきた写真をつなぎ合わせて
脚本どおりに再現して澤登翠弁士と柳下美恵ピアノで上映した。
 日曜日のフィルムセンターにどうしてこんなに人が来るのかと
押し寄せて上映30分前で足切り定員オーバーで入れない人々が
いた。今回は、この写真の構成助言も兼ねた大河内傳次郎研究家
の梶田章氏(87歳)の解説講演もついていた。
新藤兼人もプロデューサーの宮川孝至さんなど昔の映画人が声を
そろえて「忠次旅日記」とこの「新版大岡政談」がすばらしくて映画
の世界へ進んだという若き伊藤大輔の傑作映画。
 ストーリーは、名刀の乾雲坤龍の大小刀を手に入れようと丹下左膳
の大河内が小野塚鉄斎の道場に道場やぶりをするところから始ま
る一部から相馬大膳への忠君から名刀を手に入れようとしていた
がその君主に大岡の役人の手がのびると簡単に丹下左膳が裏切
られ、本所の左膳に御用の手が来てお藤に逃がして貰う二部、
そして捨てられたアウトローと化した左膳が弥生に恋心を抱いた
ために惚れていたお藤から今度は追手といっしょになって急襲
され名刀坤龍をとられ井戸端で壮絶な死をとげる三部からなって
いる。
 写真ではあるが大河内の立ち回りや片目片手の一人で大勢に
囲まれて刀を振る形相のすさまじさが伝わってくる。
カメラも唐沢弘光の技量でスピード感があり、伊藤のカット運び
もシャープである。
最後に同センター所蔵の断片フィルムを観るとそのことがより
はっきりとわかって観客は思わずわあーと息を呑んだ。
特に後半のお藤が坤龍をなげるカットは、見事にカメラが追って
いてお藤の女の情念漲る顔や追い詰められる左膳の形相と
いい鬼気迫る。
この一本だけが丹下左膳映画で異質といわれることがよくわかる。
雇い主に裏切られ復讐するが大勢の権力の徒から追われる
ピカレスク・ヒーローである。言われるところのニヒリズムの極致
となっている。
この前年につくられた名作「忠次旅日記」も同じトリオですさまじ
い決闘シーンがある。大河内傳次郎が滅びの美学を体現する。
こちらは、奇跡的にフィルム(一部欠落)が見つかって、十年前
に観たがみんなが言うだけあってすばらしかった。
特に「信州血笑編」の沢蘭子の傘のミュージカル風のシーンは
まるでアイドル映画を観ているようで美しく心ときめいた。
永遠のアイドル。御用編の残酷な決闘シーンへ行く前の息の
つける美しいシーンをつくったものだと思った。
これは、今にして考えれば「時をかける少女」(原田知世)を
知らない若い人がいまの大林宣彦の映画をがっかりして観る
ようなものだろう。
しかしそれにしても時代が戦争へ進んでいく昭和のはじめに
こんなニヒルな無声映画が大ヒットしていた。
そこに若い伊藤大輔と大河内傳次郎と唐沢カメラマンとが花
咲いた。
まさに映画史に残るピカレスク・ロマンの丹下左膳だった。
ただやっぱり惜しいのは、映画のネガがないことだ。
今回のプロジェクトは、よくやってくれたと思うが動く画が
断片しかないのが本当のところは、悔やまれる。
これが全編活動大写真で見られたらどんなにか感動できたか。
まさしく伊藤大輔・大河内・唐沢トリオはモーション・ピク
チャーの申し子だったのだから。
[PR]
by stgenya | 2008-10-28 17:48 | 映画・ドラマ
<< 岡山の娘 石内尋常高等小学校 花は散れども >>