僕らのミライへ逆回転

d0068430_1605458.jpg

「僕らのミライへの逆回転」脚本・監督ミッシェル・ゴンドリー。
出演ジャック・ブラック、モス・デフ、ダニー・グローヴァー
 単館ながらささやかなロングランになっている。
キャッチコピーが超アナログな最先端ハンドムービーとある。
まさにこれは、ぴったりだ。そして見終わってO・ヘンリーの小説
を読んだときのようにほのかな暖かい気持ちになる。
原題の Be Kind Rewind 返すときは、巻き戻しをお忘れなく。
町に古いビルがあり、そこにさらにぼろぼろのレンタルビデオ屋が
ある。しかも今時VHSのビデオレンタルだ。それを借りに来るミア・
ファローからしてアナログだ。ここで登場するジェリー(J.B)と
店員のマイク(M.D)は、幼なじみ。しかもこの店は街の再開発で
取り壊しを迫られている。物語は、発電所で感電したジェリーが
店長の留守を預かったマイクのレンタル店に来てビデオをすべて
電磁波で消してしまう。さあ、大変。客は「ゴースト・バスターズ」
を借りにくる。仕方ないので時間を貰ってその間に自分たちでその
映画を古いビデオカメラで高校生の映画ごっこのように作り上げて
しまう。そして次ぎに来た客にも「ロボカップ」「ラッシュ・アワ
ー2」などとどんどんクリーニング屋の娘もかり出してつくって
いく。しかしこれが逆に評判になって店は大繁盛・・・
しかしシガニー・ウィバーのハリウッドからの弁護士が来てすべて
著作権侵害で訴えられる。店も取り壊しが決まる・・・
しかもこの店の場所が元はジャズアーチストの生家だという噂を
店長もマイクも誇りにしていたが、それも嘘だった。
でもここで起死回生の一発の最後の街の顧客聡出演の映画の構想
を考えつく・・・・
 と奇想天外、ハチャメチャなストーリーだがついついこの町の
住人になった気分でいつの間にか一緒になって手作りの映画製作
を応援している。映画のパロディーがでてくる度、うお「2001年
宇宙の旅」か「ドライビング・Missデイジー」かとうれしくなっ
てくる。バカバカしくてあり得ない展開なのに物語に引きずり
込むフランス出身の監督力に感服。
これは、行ってみれば落語の「長屋モノ」だ。八っさん熊さん、
大家の登場する日本の落語の世界に近い。
昔金語楼やバンジュンのこれに近い映画があったがうまく米国で
つくったなあ、と思う。まさにお正月映画にもってこい。
それからある街の小さなレンタルビデオ店の店員の話のつくりが
なんとなく「リトルショップ・ホラーズ」のテイストを感じた。
名もなく金もなくしがない若者が大それた夢を見る。
そんな短編小説のような味わいが全編に漲ってとてもよかった。
ここにあるのは、人間の顔と顔とがしっかりと向き合って結びつ
く心温まるツナガリである。
文明が個の世界へ急進化してしまった世界でどう人間はつながれ
るか、と教えてくれる"うまい映画"だった。
是非このまま正月までロングランして家族づれか友達同士と見
に行ってほしい。寒々しいご時世きっと暖まることでしょう。
[PR]
by stgenya | 2008-11-23 16:54 | 映画・ドラマ
<< ハッピーフライト 岡山の娘 >>