新作映画「オペレッタ狸御殿」

鈴木清順の「オペレッタ狸御殿」
    82歳でこれだけ自由闊達に映画がつくれたら
    すてきなことだ。
      これは、又84歳の木村威夫というデザイナー
    がいたのでなりたった企画でもある。セットと衣装
    の斬新で統一された色彩と配置の美術の表現力。
    これが清順の映画話法をして一級のラブストーリー
    に仕上げている。チャン・ツィーの復活する件の演技
    は、思わず落涙だった。
      かって木村恵吾の初版「狸御殿」から川島透の
    チェッカーズ狸御殿」まで何度も映画化されている
    エンターテイメント素材だが、今回の清順のものは、
    どれにも似てなくて、むしろ何に近いかといえば、
    フェリー二の「アマルコルド」、「道化師」に似ている
    と言った方がいい作品である。
d0068430_2213942.jpg

[PR]
by stgenya | 2005-06-10 22:01 | 映画・ドラマ
<< sawについて 6/10太陽族映画「逆光線」を観て >>