VITALヴィタール

塚本晋也の新作。解剖学を学ぶ学生の
ご遺体にのめり込んでいく姿を「六月の蛇」
につづいて雨を使ったりして描いている。
 ストーリーは、交通事故で記憶を失った浅野
忠信がかつて付き合っていた女の子KIKIが
いっしょに事故で死んで献体で解剖教室に
預けられているのを知らずに淺野自身が
解剖わ担当するというものだが、そこはミス
テリーでもサスペンスでもホラーでもなく、
塚本の倒錯フリークが主要なモチーフとなり
お互い男女が首をしめる行為でエクスタシー
を得る欲望の内面に進んでいく。
 「クラッシュ」という映画があったがあれに
近い。ただ全作に比べて掘り下げが足らなか
った。ロン毛の淺野の演技が違うように思った。



d0068430_5561593.jpg
[PR]
by stgenya | 2005-06-12 05:54 | 映画・ドラマ
<< 「茶の味」は、少なくていい味がでる sawについて >>