今村昌平「豚と軍艦」


3月28日もと日活のスタッフが集まって今村昌平の
「豚と軍艦」の撮影裏話をする。
もと日活所長で当時美術助手だった土屋伊豆夫さん
と当時録音部だった長橋正直さん、美術の三輪敏雄、
スチールマンの目黒祐司さんらが今村昌平の撮影に
対する徹底したリアリズムと狂気の演出法などを
話してもらった。
 確かににあの豚が街中を走るラストは、映画史に
残る。この「豚と軍艦」でイマヘイが映画作家とし
て世間に周知された初めではないかと思う。
昭和29年に再開した日活には、鈴木清順が松竹から
イマヘイを連れてやってきた。
だからイマヘイは、初めは、大船にいてカチンコの
下位の助監督で「東京物語」についている。
本人が語った所によると、ダビングの際に自分の母
親が亡くなって葬式をして編集スタジオに入った時
劇中で東山のお母さんが脳梗塞で死ぬ場面があって
イマヘイの母親と同じ死に方でラッシュが見ていら
れなくてトイレに逃げて泣いていると小津安二郎が
追いかけて来て、「あれでいいか。おまえの母と同
じか」と聞いてイマヘイがうなずくとニンマリ笑っ
たというエビソードがあるが、この時からイマヘイ
の冷徹なリアリズムの芽が始まったように思う。
奇しくもイタリアでネオリアリスモがその前に世界
に浸透していたことも若き映画作家は心動かされ
たのではないだろうか。
だからイマヘイは、この後だんだんドキュメントスタイル
へ変遷して日活を去ることになる。
[PR]
by stgenya | 2009-03-29 23:06 | 人物インタビュー
<< イントウ・ザ・ワイルド チェンジリング >>