<   2005年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ターネーション

d0068430_11191982.jpg

iMovieで編集した個人映画が世界の劇場で公開されて話題になっているドキュメンタリー映画。かなり過酷な生い立ちが披露される。 しかしかつて日本映画学校の生徒がつくった同じような話のドキュメンタリーがあったがその方が感動した。子供の頃女装して母親を演じる貴重なシーンがあるのに全体をミュージッククリップ風につないでいるのが返って本質を見つめるのをそいでいる。ただ人の幼年期がいかにその人の人生や人格を形づくるのかということを思い知らされる。全てのドラマはここからの脱出の旅の中から生まれる。この作品で僕が思うのは、辛い現実を前にしてドラッグで高揚した自分に真実があるのか、醒めて泣き疲れた自分に真実があるのか、の構えが感動を決めるのではないだろうか。これがこの作品の単に個人の苦しみのトロに流れてしまうところではないだろか。
[PR]
by stgenya | 2005-08-12 11:19 | 映画・ドラマ