<   2006年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

寝ずの番


 マキノ雅彦監督の初監督作。
近年の日本映画の状況がものすごいバブルの製作状態である。
年間300本以上が作られ、100本の映画が次の年の上映待ちを
している。劇場はマイカルにしても東宝にしても名前があって
儲からないと小屋にかけないから、余った100本の内半分以上が
上映されないで待てずにDVDで出すようになる。
 小屋の方もそこを二本立てなどアイデアはいろいろあるだろうに
と思う。1989年前後のバブルを少し思い出して寒気がする。
毎日のように東映の制作から電話がかかってきて誰かスタッフ
を紹介してくれないか・・・朝いないと断ったばかりで又夕方かかって
くる。現場はテレビの2Hで今監督になったS君が助手がいなくて
韓国の日本語のわからない留学生しかいなくて、役者とスタッフが
怒鳴りあって名高達郎などの俳優部がスケジュールを書いていた。
 プログラムピクチャーの時代でも最低のスタッフ構成は撮影所ごと
にいて忙しい中にも教育ができた。それがバブルが弾けてみんな
すっ飛んだ。誰でもできるようになった分、いいもの、磨かれたもの
がすくなくなった。あの悪夢のような頃もやたら安易に素人監督が
出ては消えた。若い女作家(ーー輪舞曲)や俳優、会社社長など
 ただ今回のマキノ監督は、違うと思う。
あの伊丹作品の重要な俳優で、周りを固めている笹野さん、岸辺
さん富司さん、中井貴一といいタックルが組めている。
映画は、落語家の葬式に集る弟子達の浮世話。
そして座敷芸と春歌の饗宴。
何やら伊丹の「お葬式」ばりに面白そうだと期待して銀座まで行った。
 最初のカットから違和感があった。臨終に集った弟子たちの
グループショットが決まっていないのだ。サイズもアングルも
ルーズなのだ。「そそ」事件のオチで木村が中井の後ろ頭を殴ったら
ぽんと黒味にいくタイミングも少しずれている。
おまけに師匠からの見た目でみんなが画面に覗き込むカットで
ピンが甘い。後から師匠が顔をだすとそちらに合っていた。
これは、ピン送りをしなければいけない。それをしない逆説の意味
もない。津川さん自身の話だと風邪をひいていて撮影の初日で
しかも二日であの病院のくだりを撮らなくちゃならなくてつらかった
と云っている。撮影がしっかりしていないと初めての人のときは
苦しいことになる。普通はラッシュの時点で撮りなおしのカットだ。
 森田芳光作品を手がけた光和インターナショナルの鈴木さんの
企画でそこは製作として吟味してほしかった。又脚本の大森が
ダメである。どう話をつなげて転がしていこうと考えたのだろう。
へそがない。師匠から一番弟子、そしておかみさんと死んでしまう
のにアイデアがない。そして師匠と弟子の関係ももっと何かある
のではないだろうか。関西落語の重鎮の葬式と一番弟子の葬式と
タレント、マスコミが来てと違いがあるが、笹野さんは実に芸達者
だけれど超売れっ子の落語家(たとえば明石家さんま)という風に
見えない。脚本にも演出にもそれを匂わせていない。変だよ。
そして四番弟子の茶髪の木下ほうかが最初の病院のシーンから
ずっと異物としてしか見えなかった。単品で他の話だったら存在感
があるのだろうが、落語家の四番弟子という役どころに成りきって
いなかった。逆に最後まで変な存在感があって画面をぶち壊している。
 プリンプリンの田中もぎりぎり。これだけ編集カットがマスターショット
を長く使うとそれだけ出演者のチームワークが必要になる。
昔の池田満寿夫の「エーゲ海~」もそうだったがエピソードや
ワンカットが良くても全体としてつながって流れていないと映画
にならない。おかみさんと師匠、弟子たちのそれぞれの思い、
そして人は必ず死んでいく。どう生きたか、とは、又どう死んだか
の裏返しである。所詮人間、ちんぽとおめこ。
死人のカンカン踊りは、最高のネタだったと思うがね。
へそが見つからなかったけど、中井貴一は素晴らしかった。
本当にうまくなっていて驚いた。ここの夫婦を語り部に広げても
よかったのではないだろうか。
名優・マキノ雅彦監督、もう一度「たそがれ酒場」のような映画で
いい脚本といいスタッフで挑戦してもらえるだろうか。
葬式の夜。お遺体にはロウソクの火を絶やしてはならない。
寝ずの番をしてやろうではないか。
日本映画の素晴らしい先輩達の火を絶やさず、現場はスタッフを
戒め、評論家は、コマーシャリズムに乗らず、
寝ずの番をしようや。いや、本当ーに。

 
d0068430_15552535.jpg
d0068430_2142247.jpg

[PR]
by stgenya | 2006-05-19 15:25 | 映画・ドラマ

かもめ食堂


ruokala lokki 
 家具雑誌などとタイアップして単館から拡大ヒットしているらしい。
ぴあFFに入選後「バーバー吉野」でデューした荻上直子監督の新作。
オールフィンランドロケのスタイリッシュな映画で女版森田芳光を思わせる。
 ただ初期の森田ほどクセはない。
三大話みたいだが、かもめ(チェーホフ→三姉妹)、食堂(グルメ)、フィンランド
とこの映画のタイトルを観ただけで、受け入れやすいという企画の勝利だ
と思う。
 「バーバー吉野」のときもそうだったが非常に主人公にある距離感をもって
最後まで寄り添って描いていくという手法でその間に緩みや無駄がない。
この若い女監督は、しっかりとした対象を見つめる目をもっている。
霞澤花子企画となっているが群ようこのこの原作をこのようにスマートに
見せる力をもっているということは、なんでもないようだけどすごいことだと思う。
三十女、四十女、五十女、独身が三人。日本からフィンランドに来て日本料理
の食堂を出す。はじめ全く客が来なかったのが最後には、とりあえず繁盛する。
 殺人事件も韓流のような大悲恋があるわけでもなく、主人公のサチエの何か
特技が披露されるわけでもなく、何も起こらない。烈しい感動や劇的なカタルシス
もない。(でも最後にサチエがおにぎりの父の思い出を語るとこで母娘ずれの
観客が泣いていた。)ただただ楽しく、映画が終わった後に
焼き鮭か豚のしょうが焼きが食べたくなる。
 いい映画の条件の一つには、その映画が終わってもその糸を引いて、その中身
に無意識に影響されしまうということがある。
 高倉健やブルース・リーの映画を観終わって出てきた観客が肩をイカらせて
歩いたり、「アラビアのローレンス」見た後無償にのどが渇いたりする。
「かもめ食堂」もそんな効果があるということは、大なり小なり演出家の力量だ。
 この劇的なるものを排した手法は、小津的でもあるが荻上監督の色のような
ものも出ていて面白い。「かもめ食堂」の基本がカットバックにあり、ナレーション
と挿入のアラスカや森という会話からきのこ狩りのカットというように繋げていく。
 これはとても難しく単純なモンタージュに陥る場合もあるし、食堂にお客が増えて
おにぎりを注文するようになるためのもう少しメリハリがあってもよかったと
思うがこの手法だとここの計算が微妙で難しい。一歩間違うと淡々としたつまらない
映画になってしまう。荻上がここを辛うじてクリアしたのは、人間を観る目が
ぶれなかったからだと思う。
 生きていることへの等間隔。人間誰しも北欧までひとり旅をするのだから
何かしら日本での人生がある。この映画でもそれはそれとなく描いている。
でもそれは、控えめでラストカットの「いらしゃいませ」で三人がこころを
ひとつにするいいシーンがあるが、この映画は他人を等間隔で認めるという
ことをテーマにした気持ちのいい映画である。
 
d0068430_1154529.jpg

[PR]
by stgenya | 2006-05-02 15:17 | 映画・ドラマ