<   2007年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

カンバセーションズ

d0068430_10365254.jpg

 ’05年製作「The Conversations with other women」
ハンス・カノーザ監督・ガブリエル・セヴィン脚本。
これは、実験的な手法で全編通した映画だった。
シネマスコープを左右二画面に分けたデュアル・フレーム手法。
ファーストシーンの結婚式のバンケット・ルームで男と女が
出会うカットで横長な画面でタバコを吸い、ワインを勧めながら
ぎこちない男と女、アーロン・エッカートとヘレナ・ボナム=カーター
の会話の何でもないフルショットが少しおかしい。
花嫁の付添い人だというヘレナ。花嫁の兄だというアーロン。
ふたりの間で横切る人が消えていく。画面が左右に分割されている
ことにやっと気づく。
それから後は、普通やる二人のカットバックを二画面でそのまま
つなげて、結婚式のブーケ投げや参加客などのカットもこの一つ
の画面に並べて、カッティングしていく。
しかもこの元カップルだったふたりの過去の出会いや一緒になる
までの回想もここの現在の画面のとなりに平行して並べていく。
またにエレベーターでヘレナの部屋に向かうアーロンとヘレナに
知り合いの女が乗りあわせて気まずくなる場面では、スリー
ショットが一画面のようにつなぎ合わされていた。
しかしこの後ベットで焼けぼっくりに火が付きふたりの別れた
経過と今の生活が吐露されるラストまでこの手法がつづく。
正直言って、疲れた。
ムビオラで編集しているみたいで会話の把握と画面の選択とを
同時にやらなければならないので、母国語でない場合は、かなり
疲れる。これが舞台劇のような会話ラブストーリーでなければ
まだいいのかもしれない。たとえばサスペンスとか・・・
 スタイルが長くなったが物語は、ニューヨークのホテルで妹が
結婚式をあげるので駆けつけた弁護士のアーロンと花嫁の友人
でロンドンからやってきた医者の女房のヘレナとが、再会して
だんだん昔ふたりが付き合っていた関係だったということが
わかってくる。そしてふたりとも現在のそれぞれの生活がある
けれども夜をこのホテルで共にして一線を越えてしまう。
昔若い頃はじめて出合った緑の木陰や着ていたツートップの
ドレスや読んでいた本や抱き合い、ケンカした思い出が再会の
ベットの上で語られていく。
求めていたものと手に出来ないもの。
中年にさしかかった男女の切ないラブストーリー。
 ここでこの手法で二箇所監督が工夫しているところがある。
このデュアル・フレームでやった場合、どう編集するか。
カット割をここで並べていくだけでは、せっかくのアイデアが
勿体ない。そこで単に並べるだけでなく、前半エレベーターに
乗ったら帰れなくなるとおそれるヘレナのA面カットが二回目に
エレベーターの乗る顔のアップで時制を戻している。
つまり逡巡している演出でつないでいる。
又もうひとつ面白かったのは、ベットインのあと留守電でヘレナ
の夫の幸せな伝言を聞いたあたりから、A面B面の彼と彼女の
カットがときどき別テークをつないでいる。
彼の彼女に対する思慕が強まって、もう一度彼女を手に入れたい
と想いをつよくするシーンで笑って会話しているのと同じ情況で
むっとして会話するのと2通りをつないで人間の表と裏を表現
しようとしている。
この新しい編集手法は、映画がモンタージュを手にしたときと
同じようにこれで名作をつくって初めて実験でなくなる。
個人的には、これを全編やるより、効果的に使う方がいいと思う。
黒沢清の「ドッペゲンガー」という映画で一部使われていたと
思うが、その映画の元は、スウェーデンのビデオアーティストが
使った実験的な手法だった。
ひとつのアートの分野から映画のフィールドまで表現というのは
広がるものだ。
ただ使用には程度があり、その選択を考え抜いた方がいい。
ヒッチコックの全編ワンカットの「ロープ」のようにつづいて毎回
使えるものではなかったのは、ぼくたちはよく知っている。
最後にヘレナ・ボトム=カーターの中年女が髪をとかしてベット
に入ったときの表情は、さすが女優。魅力的に変身していた。
[PR]
by stgenya | 2007-05-31 11:46 | 映画・ドラマ

結婚のすべて(シリーズ処女作の頃)

d0068430_344177.jpg

「結婚のすべて」昭和33年5月26日公開。
  岡本喜八が平成17年2月19日結婚記念日に食道がんで
亡くなった。81才だった。最近NHKで闘病生活のドキュメンタリー
が放送され最後までプロデューサーみね子さんと夫婦で映画製作
に情熱を燃やしていたことが伺えて興味深かった。
 大正13年鳥取県に生まれ、明治大学に入学、静岡で軍隊生活
を経て東宝に入社して成瀬、谷口、マキノ雅弘などの助監督を務めて
34才で監督デビュー。その記念すべき第一作が「結婚のすべて」。
 脚本が白坂依志夫。主演雪村いづみ(こちらもデビュー作)、共演
上原謙、新珠三千代、山田真二他。
 まずテンポがよく洒落たセリフにポップな青春コメディーになって
いて、見終わって爽快な気分になる。
いい映画というのは、エンドマークが出て館内の照明が明るくなる
ときにああ、もっとこの世界にいたい、という気分にさせてくれるもの。
処女作にして、今見てもそう思う。
 時代的に見て戦後13年。高度経済へ向っていた頃。結婚相談所
や花嫁学校など流行り、学生は自由恋愛を叫ぶそういった世相を
当時売り出し中の脚本家白坂依志夫がスノッブで粋なセリフと巧
みな構成で日本と時代を切り取っている。
 物語は、新劇の研究生の雪村いづみの兄の結婚式からはじまり
新珠三千代の古風な姉夫婦と雪村のモデルとしての雇い主の
雑誌編集長三橋達也の契約結婚(相手が花嫁学校長の塩沢とき)
とを見せながら、学生でバーで働く山田真二に思いを寄せ、兄や
姉のような古い見合い結婚は絶対にしたくない、結婚の子孫繁栄
や家督のためじゃなく情熱の結晶として恋愛結婚をしたいと山田
に夢中になるが、この学生も食わせ物で別に同棲している女が
いた。また大学教授夫人の姉が編集者の三橋に見初められて
理想の主婦像ホーム・バディとして雑誌に載せたいと迫られ、
断っていたのだが、上原演じる大学教授の収入で家計が足らず
雑誌モデルを引き受けるが、夜ジャズクラブで三橋の下心に
気づいて逃げて、家庭に戻る。何もかもを許してくれる夫にあらた
めて心のチャイムを鳴らされ抱き合う。それを見てしまった雪村は
父の推薦する見合い相手の仲代達矢と恋愛の対等な存在として
つき合い始める。
 愛と結婚。男女付き合い。理想と現実。ここで提示された問題は
今でも変わってないし、フェミニズムと社会生活としての結婚子育
てはそのまま今も大きな課題としてある。
 この処女作で岡本は新人にして無駄のない構図とカッティングを
披露している。特にトラックバック・アップの多様。場面転換に同じ動き
を重ねたり、歩く足に次の画面のラジオの音楽のリズムを先行して
乗せたり、軽快なコメディーによくマッチしている。
俳優も喜八オールスターがこの処女作ですでに総出演であるのに
驚いた。新劇のレッスンでキザな演出家で三船敏郎がワンシーン。
ジャズクラブの怪しい喧噪の中殴り合いでしか愛を交わせない
男女役に佐藤允がワンカット、そのクラブでロカベリーを歌っている
のがミッキー・カーチス。そして最後の見合い相手に仲代達矢が
飾っているのに、その後の喜八作品を占う思いがした。
 反逆とジャズと群衆劇。
愛と裏切り。挑戦と失敗と諦めないさま。集団の中の孤立。
そして孤立無縁の戦い。岡本喜八が映画製作に資金がなく、
ことある毎に自宅を抵当に入れて、日本人が生き抜く有り様を夫婦で
何とか映画に写し取ろうとまさしく孤立無縁の戦いをしていたのは、
第一作「結婚のすべて」のラストシーンでこれから結婚するかもしれ
ない若い男女が自分の理想や望みをお互い噛み合ないまま、
強情をはって、でもそんなとこが好きと云いながら丸の内ビル街
の交差点を車の群れを縫って歩き出すふたりの姿に最後まで
同志だった岡本夫婦がダブって見えてくる。
[PR]
by stgenya | 2007-05-23 05:28 | 映画・ドラマ

歌謡曲だよ、人生は

d0068430_1795424.jpg

 アルタミラピクチャーズ企画制作「歌謡曲だよ、人生は」。
9人の監督によるオムニバス映画である。
 映画業界の節目節目に登場するオムニバス映画。
ここには、新人監督が活躍するエポック的な役割を果たす
ことが往々にしてある。Jam Filmsの行定監督やWowowの
J・movie・warsや森田芳光の「バカやろう!」シリーズの篠原
監督などその後の活躍の片鱗を覗かせてキラリと光るものを
見せてくれる。
 又監督をそれぞれ競合させる面白さと映画として一本のテーマ
やモチーフをもっていることの時代性という二つの特徴がある。
この「歌謡曲ー」の企画は、製作にポニーキヤニオンが入っている
ことからもそのものずばり昭和歌謡のテイストをとりあげている。
まず40年前の昭和歌謡は昨今の昭和レトロプームでいいだろう。
オムニバス映画のもうひとつの柱である監督の選択であるが、
「ユニット5」関係の磯村、水谷は、アルタミラPの周防君と並んで
主軸だからいいが、中には映画初めての異業種人が目立つ人選
である。蛭子能収さんなんかおもしろかったが・・これが新人監督
を輩出するという点で成功したかどうかは今後を見たい。
 私としては、やはり矢口史靖の「逢いたくて逢いたくて」が一番
面白かった。引っ越してきた若いカップルとそれまで15年間
住んでいた中年男の話は、短編の切れ味が見事につくられている。
「ウォーター・ボーイズ」以来の妻夫木との組み合わせもよかった。
男の残していったストーカー紛いの手紙の山が最後に一通の
返信はがきが来たオチでいままで気持ち悪がっていた夫婦が
全力疾走で去って行く男へ手紙を届けにいくスローモーション
はいかにも矢口色だった。持ち時間が10分というのはこの話
にとってあまりに短い。あと5分(1話の磯村一路だけ15分)
あったらもっと胸にぐっと来る余韻が出せてたのにと思う。
 三原光尋の「女のみち」も宮史郎本人の刑務所帰りのやくざの
演技に圧倒される形で意外に面白かった。
今回の企画が歌謡曲の短編集なだけカラオケビデオになって
しまう危険性があった。制作者はここを「僕は泣いちっち」と
「乙女のワルツ」が抜けきらなかったのは、残念だ。
 オムニバスのいいところは、いずれにしても現代の世相が出る
というところである。愛のかたち。想い出す若かった頃と今の
主人公の生活。作者が生きている日本が正直に出てしまう。
だから監督・脚本の人選が大事なのである。
母親が我が子を川で殺し、我が子が母親の首を切り取る日本。
バブルをつくった銀行が合併に隠れて高い手数料でノウノウと
最高の利益をあげ、老舗の食品会社が手抜きをして連日社長
が頭をさげ、犯罪被害者から見事のがれ出所して普通の大人
の生活を立派に送る少年加害者。これらが日本の一面。
 こんな嫌なことから昭和歌謡でしばしココロに潤いと生きる活力
とを取り戻したい。昭和ブームとは、原っぱの自由と人と人の
生のぶつかり合いをもう一度日本人のココロの底から呼び戻し
原点に還るルネッサンスではないだろうか。
 だとすれば昭和歌謡のオムニバス映画がふれる日本は、もっと
ココロに響く現実とフィクションの切り取りでなければならなかった
のではないか。それにしては約半分の短編は、その辺が無自覚
なように思われる。
つまり監督が日頃どんな生活をしているか、が問われるのだ。
 まあ、オムニバスの良さは2本でも3本でも自分が面白いと思う
ものがあればそれでよしとできるところか。
今回の映画で妻夫木と武田真治の走る姿がこれほど美しいと
いうことの発見は、決して損はしない映画だったということの
裏返しでもあると思おう。これは。
武田真治は、これから役所広司のように化ける素質を持っている。
その調子でからだを鍛えていてほしいよ。
[PR]
by stgenya | 2007-05-19 18:40 | 映画・ドラマ

バベル

d0068430_538969.jpg

 バベルBABEL
アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ作品。脚本ギジェルモ・アリアガ。
雨の日比谷で観た。そして劇場から出てくるといきなり日テレの記者に
何か気分が悪くなるようなことはなかったですかとカメラを向けられた。
中盤のディスコのシーンのフラッシュ・カットのことか、どうってことないよ
と答えると不満そうに
「でも何か少しは不快な気分になりませんでしたか」と誘導質問。
「別に。あなたのニュースネタには適いません。それより映画の内容
そのものがもっと面白いのかと期待はずれで不快だよ」
と付け足すと若い記者は、苦笑いでカメラのスウィッチを切った。
 モロッコの高地で一丁のライフルをジャッカル退治に農民が購入
するところから物語が始まり、東京では聾唖の女子高生と父親との
葛藤が点描され、破綻の兆しのあるブラッド・ピットとケイト・ブランシェット
のアメリカ人夫婦がモロッコバス旅行でライフルを購入した農民の子供
から狙撃され、瀕死の状態で何もない村で足止めされる。
そしてその夫婦の母国アメリカでは、ふたりの子供が子守りのメキシコ
女に自分の息子の結婚式に出席したく国境を超えてメキシコへ
連れて行かれる。東京では女子高生・菊池凛子が母を亡くし、
性のめざめとハンディキャップで孤独な欲望にこころが翻弄されて
街を彷徨い、歯医者や刑事に感情を爆発させる。刑事は彼女の父
役所広司のアフリカ旅行でガイドにお礼でプレゼントしたライフルが
どうも犯罪に使われたらしいと告げに来たのだった・・・・
 「21グラム」のイニャリトゥだけあって、パズル構成とパラレル進行で
脚本をつくっている。そしてこのやり方でよく使われる手持ちカメラで
の撮影。まるで衛星放送のニュースを見ているようなカメラワーク。
とくに瀕死の妻の救援を待っているブラピがツアーのバスに置いて
行かれる場面では、ロングショットと手持ちで臨場感を出していた。
 映画として地球的な規模で人種や国を跨いで監督の云う愛と孤独
のテーマを描いて、ひとつの退屈なカットもなく、又俳優の生きた
演技を切り取りながらうまくハッピーエンドにまとめている。
やさしく甘味なギター曲も最後まで雰囲気を醸し出していい。
しかし何かが足りない。カンヌで最優秀監督賞を穫った作品で
あるにもかかわらず見終わってこれだけって思ってしまう。
理由はいらない。世界はこうして、南米での蝶の羽ばたき方で上半球
の異常気象が起きるといわれているフラクタル理論のように
知らないところでつながっている。高層マンションに住む孤独で金持
ちの日本人の気まぐれが貧農の少年を殺人犯にし、メキシコの砂漠
で白人の子供を迷子にし、子守りは不法就労で捕まり、モロッコの
少年の兄が撃ち殺される。
  世界はつながっている。バベルの塔を建て神に罰をうけたように
人間は、バラバラになり矛盾を抱え込みながらその連鎖を繰り返す。
監督はそういいたいのだろうが、菊池凛子と役所広司の愛と孤独は?
ブラピとケイトの愛と孤独は?子守りのアドリアナの愛と孤独は?姉の
裸を覗き見たことを告げ口された弟のモロッコ少年の愛と孤独は?
  厳密にいうと雰囲気の域を脱してすべて描かなくても滲み出て
くるような仕上がりになっていない。また斬新で新しい手法の確立
でもない。「クラッシュ」や「トラフィック」で既にみられた話法である。
昔映画は、ひとつの家族を描いて長編を感動作にした。
いまひとつの家族に収まらない場合。多様なものの中に心寄せ
を紡いで長編をつくろうとすることがある。
 作家がテーマに迫りきらなかったとき、よくあることだが、複数の
設定を広げてそれぞれに負担を負わせて逃げることがあるけど
まさかそれではないだろうね。
 役所広司の妻は、どうしてピストル自殺したの?そのことと聾唖の
凛子の孤独とどう影響するのだろう。エリートサラリーマンの役所が
不具な娘に十分な愛情をかけてやれなかったための家族崩壊
なのかな。二十歳前の萌え出るような聾唖の人の純粋な性の
発露を実体験として目の当たりにしたことがあるが、それは苦しい
ほどの純粋さだった。何も変わらない。
凛子の悪意と孤独の元を指し示さないとイニャリトゥさんが物語
の都合で使ったということになってしまわないだろうか。
凛子が踊るクラブのフラッシュ・カットより、そのことに映画の種を
蒔いた方がよかった気がする。
だってこれだけの力量があるのだから、
やれる筈じゃないだろうか。
[PR]
by stgenya | 2007-05-02 07:33 | 映画・ドラマ