<   2007年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ぼくがいない場所

d0068430_21455744.jpg

「ぼくかいない場所」I am/jestem
脚本・監督ドロタ・ケンジェルザヴスカ。ポーランド映画。
とてもまじめないい映画である。
クンデル少年の目がいい。素人でオーディションで見つけた
らしいが、柳楽のカンヌ主演男優賞だったらこのクンデル役
のピョートル・ヤジェルスキ君にもやらなきゃいけないんじゃ
ないかと思うほど自然で見終わっても健気でつよい力をもった
表情が焼き付いて離れない。
  まずこの映画を見て人間は、生まれてきて仮の家で仮の
姿で仮の生活をしているということが思い知らされる。
ぼくたちは、今いる自分はたまたまこの姿でこの環境でいる
がそこには必然はない。仮の姿かもしれない。
しかし他の誰でもよかったが、逆に他の誰でもない。
この仮の不憫な自分を受け止めることが生きるということ
ではないだろうか。
  男出入りが烈しく精神的に不安定な母親から捨てられた
クンデル少年は、孤児院から脱走するところから始まり、
母のもとに来ても居づらく村の不良少年たちからも追い立て
られて川の廃船で寝泊まりしてくず鉄拾いで生計をたてる
ようになる。
 その廃船の前のお屋敷の女の子と心を唯一通わして
どこか遠くへ行く望みをもつようになる・・・・
少年の孤独と行き場のないやるせなさ。
ちょうどトリュフォーの「大人は判ってくれない」のような
映画であるが、まず画がきれいである。
カメラがたえずローアングルで美しい構図をつくっている。
どうもこの女流監督の夫のアーサー・ラインハルトという
人がカメラを担当した。
説明の少ない事実だけが淡々とつづられている。
家族からはみ出した少女と社会からはみ出した少年。
この日々の生きる行為がリアルなのだ。
子供たちをここまで自然に演技させるのもなかなかの
力量だが、映画が物語をもって画と画をつないでいく
ときに、幸運にも成功した作品は、無駄がなくその中から
人間の生きた姿と置かれた社会との肌触りがしっかりと
出てくるものであるが、この作品は、まさしくそれだった。
経済的な貧困と崩壊した人間関係とがはっきりとした
社会では、この映画のように力づよい作品がでてくる。
かつての日本映画もそうだったように。
大島渚や羽仁進のそれぞれの処女作がそうであった。
  この映画の女流監督が悲惨な境遇の少年に唯一心の
拠り所にブリキのオルゴールを小道具のシャレードとして
つかっていたのがオーソドックスだが手堅かった。
同じ子供の映画をつくるとしても日本の最近の行定も
含めて少年ものは、あまりにも生ぬるくて力の差が歴然。
 最後に少年クンデルを救うミニくい妹と少年を警察に
通報する美しい姉という図式が女流監督ならではと思った。
シナリオを作る際ついここでロマンスを書きたくなって
しまうが、そこが姉妹の心の奥深くまで踏み込んでいく
ところにただ者でない洞察力を感じる。
ビスタサイズ。98分。原題のとおりjestemただそこに
いて風や水の冷たさを感じて子供時代の眠っていたもの
を思いだし心に響く映画だった。
[PR]
by stgenya | 2007-10-31 22:57 | 映画・ドラマ

サッド・ヴァケイション

d0068430_4251753.jpg

 Sad vacation 原作・脚本・監督青山真治。
中上健次に傾倒し、ドキュメントまで作った青山が北九州を
舞台に11年前の劇場デビュー作「Helpless」の姉妹編として
作った。「EUREKAユリイカ」の生き残りの宮崎あおいを登場
させて、青山の北九州サーガとして一度小説にしたものを
新たに劇場公開映画として制作した。
 この映画は、北九州という土地柄があって成り立っている。
特に舞台になっている若松というところは、火野葦平のいた
土地でもあり、筑豊から運ばれてきた石炭の集積、出荷の港
であり、高倉健の父親が親方をしていた石炭運搬舟の最終所
でもあった。キタキュウシュウモンが中上文学を読むと自然と
同じ匂いを嗅ぎつける。一度はやりたくなる。
 浅野忠信の役名の白石健次は、そこから類推される。
はじめに中国人の密航で中国人の孤児を健次が預かる
エピソードから中国マフィアに仕返しされ身を隠してタクシー
の代行をする件で間宮運送の社長を乗せて自分を捨てて
逃げた実の母(石田えり)を見つける前半。その母が後妻に
なった間宮家に健次が運送業の手伝いに入り、母へ復讐を
企て実行するがもうひとつ上手な生き方をみせる女としての
母親に拘置所で苦虫かみつぶす後半。
 中上文学だと石田えりがオリュウノオバへつながるのだろうが
そのテイストは、やや違っている。
でもこれは、青山サーガだからこれでいいのだろう。
音楽がよかった、ブリキの太鼓のようなジョーンズハープの
入れ方や女編のメロディアスな曲、そしてジョニー・サンダース
のsad vacation。
 ストーリー的には、ユリイカの登場人物がこの健次の物語に
うまく絡んでいない(人物も話も途中でとぎれて続編を連想
させるつくり)ところと間宮運送の責任者にいきなり健次がなる
ところが少し乱暴すぎるように思った。
つまり筋立てが純文学とはいえ、もっとしっかりと練り込んだ
方がよかった。一歩間違えば、Vシネマか安物の日活アクション
になりかねないのだから。
 ただ今回の青山映画がその分水嶺をクリアしたのは、役者を
自然な風土の人物として気をつかって演出したことが大きい。
もちろん浅野、石田えり、中村嘉津雄、宮崎あおいらの役者
としての充実度がきわめて高かったのをいわなければならない。
そこに何年も住んできたという自然な演技というのは、今日日
貴重である。
 ヤクザの借金とりから逃れて住み込んでいるオタギリ・ジョー
が小倉南区の平尾台のカルスト台地でこの鍾乳洞のある石灰
石は、ハワイから流れてきた珊瑚ばいと人間所詮流れ者という
シーンはいいが、彼の扱いが次回へつづく風なのが惜しい。
大河ドラマの一篇にしてもいいキャラクターだから活躍場面が
ほしかった。板谷は健次の子を身ごもるが健次にどうしても
惹かれてしまう女の質をもっとバックグラウンドを構想して
演じて貰いたかった。せっかく地元出身の女優なんだから。
 また映像的には、ワンカットを途中コマ抜きする手法でウエット
になりがちな筋を乾いたものにする感じがでていた。
 そしてこの物語のうごめく人物たちの上に赤い若戸大橋が
映るのが意識的かどうか、ひとの根源的な業のようなものの
象徴として重要な場面に母や社長や健次や梢の頭の上に
入れていて興味深かった。
 青山が映画監督としてそろそろ脂がのりきった年になる。
この青山サーガをつづけるのだろうが、技術的なことは、
そろってきている。あとは物語の根幹をしっかりと練ることだ。
間宮運送の中村嘉津雄は、自分の息子が殺されても殺した
健次を受け入れる。なせだ。
 間宮運送には、犯罪者、世を逃れてきた半端ものばかりが
寄り集まって居心地よく居着いている。なぜだ。
間宮運送の社長は、何かをもっているはずだ。なんだ。
中村嘉津雄だからなんとなく見られるが、シナリオはそこを
匂わさなくてならない。柳町光男の沖山秀子やイマヘイの
「復讐するは我にあり」の三國連太郎みたいに。
これが課題だと思うよ。
蛇足だが、光石研の北九州弁は、見事だがやりすぎ。
東京の場面は、アドリブでなくシナリオ通りにしゃべっている
があんなに威圧的で汚くない。もうワンテークニタニタ人が
良さそうにしゃべったらもっと違っている。
くらされるのは、どっちだ。
やり過ぎを押さえるのも監督の仕事。
健次が出所してからの青山サーガが磨かれて、早いうちに
世に出るのが望まれる。
 
[PR]
by stgenya | 2007-10-15 06:33 | 映画・ドラマ