<   2008年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

崖の上のポニョ

d0068430_2333077.jpg

「崖の上のポニョ」脚本・監督宮崎駿。
声・山口智子、土井洋輝、奈良柚莉愛、天海祐希、長島一茂他。
 今日から夏休みという品川の映画館。親子連れでいっぱいの客席。
ひさしぶりに黄色い声の飛び交う原始の映画館体験を思い出した。
子供ぐらい正直な観客はいない。
ああ! あれ、ポニョだよ! にんげんになるんだ!
 4年ぶりの宮崎駿作品だそうだ。5才の男の子の冒険談。
子供向けにつくった絵本映画だけれど、さすがにバカにできない
すがすがしい映画になっていた。そしてアニメーションを生かした
描写力と自然やものの観察眼に驚く。
「ハウルの動く城」で少しがっかりした身としては今回はよかった。
ストーリーは単純で海の王国から逃げ出したさかなの子ポニョが
岬に住む5才の人間の男の子に拾われて好きになるというもの。
ポニョは地球の生命体の象徴として描かれている。
原生生物から魚、両生類から爬虫類、そして哺乳類へ。
ポニョ側の父フジモト(所ジョージもっとうまくセリフ言ってほし
かった)と母グランマンマーレ(天海祐希)との設定がややわかり
にくかったが、宗介と貨物船の船長で留守がちな父耕一(長嶋一茂
)と施設で働く母(山口智子)との岬の家での生活が時代に添って
リアルに見えた。ここの母と子の関係が最初から心を捉えて
最後まで気持ちよくお話の世界へ誘ってくれた。
 そして何より感心したのがこの港町の風景がとてもよかったと
いうことだった。長崎の入り江や浦賀に似ていると思っていた
が、監督が瀬戸内海に滞在したときに街の想を練ったらしい。
小さな造船所があり、漁港でもあり岬につながり外洋が望める。
これらの日本の風景が宗介の世界のすべて。
双眼鏡と信号灯とで孤立した岬の家であこがれの父を待つ
子と母。ここが切ない。
宮崎さんの映画の特徴は、ストーリーよりまず感覚を大事に
物語を描写していくことだ思う。
水に足を入れて砂地を歩いたときの少し重たい感じ。
水の中に潜ったときの耳の音の聞こえ方。風が吹き荒れる山
の木々のはためき。トンネルの闇の心細さ。
これらすべてにオリジナリティーがあり、この感覚を意識し
て丁寧に作画している。
だから脚本・監督だけでなく原作とあえて記すのだろう。
またポニョの一途な宗介への愛をテーマにしたラブストーリ
ーといわれているらしいが、むしろ好きというストレートな
気持ちを原初的に描いた生命賛歌といえる。
5才の子供が初めて感じる驚きや悲しみ、感激を創作の核に
持ち続けられる宮崎駿という人は、大人の進化の果てに来て
もおそらく中心がぶれないのかもしれない。
この映画は、子供をつれて、あるいは子供にもどって是非
見に行くことをすすめる。
最後にポニョと宗介が大津波で沈んだ港街をおもちゃのボー
トで行くシーンは、ハンフリー・ボガードの「アフリカの
女王」を彷彿とさせられた。
[PR]
by stgenya | 2008-07-20 03:41 | 映画・ドラマ