<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

私は貝になりたい

d0068430_190716.jpg

「私は貝になりたい」脚本橋本忍、監督福澤克雄。製作濱名一哉。
 名脚本家橋本忍が49年前に映画化したものを中居正広でリメイク。
かつて黒澤明に「あれでは貝になれないんじゃないの」と言われたこと
がずっとひっかかっていて、一度引退したものの、どうしてもこれを
やりたいと拘って出発した作品。
 2時間19分。確かに見応えがあった。特に中居と妻と子どもが面会
する場面には、こんな演技ができるんだと中居正広を見直した。
未だにSMAPが一線で活躍している理由がよくわかる。
高知の最果ての岬に流れついて床屋を始めた主人公清水と女房の房江。
カメラがよく、このまるで「ライアンの娘」のような岬の風景を活写して
いた。前作でできなかった巣鴨プリズンや東京の焼け跡風景などの再現
がCGでうまくでき上がっていた。妻役の仲間由紀惠がやや物足りなか
ったが、プリズンで同室の鶴瓶や草薙君が適役ではまっていた。
話が暗いモノだから鶴瓶のキャスティングは、正解だった。
 前作ともうふたつ違うところは、妻が嘆願書を集めに四季を通じて
方々歩き回るシーンと石坂浩二扮する上官が戦犯で処刑される際に米国
の無差別爆撃は、条約違反ではないのかと告発して死ぬところか。
房江の嘆願書集めの道程は、観ていて「砂の器」を彷彿させた。
テーマ組曲で夏、秋、雪の中へと断られてもお願いに歩く姿は、放浪
の父子の「砂の器」を思い出してしまう。
ここで仲間がもっと役になりきっていたら、もっと泣けただろう。
映画は、映像で見せるもの。その基本を踏まえているので、この辺鄙
な田舎町の景色と敗戦の日本荒廃の様が映画になっていた。
そして橋本脚本のうまいところは、面会で顔も知らない赤ちゃんの指
を父親の中居が格子越しになめるとお兄ちゃんの男の子がぼくのもと
せがんでなめさせるシーンで親子の切なさがよく表されていた。
特に男の子が四国に帰って、プリズンから帰ってこない父を思って
なめてもらった自分の指を空にかざすところは秀逸だった。
そして一緒に観ていた観客のほとんどがエンドロールでなかなか席を
立たないで、つらい話だなとつぶやいていたことが印象的だった。
悲劇なのだ。なんでもハッピーエンドの現在でこんな悲劇をわざわざ
やるのだから、何か意味があるのかと考える。
それは、やはり今これをリメイクしたかったのは、戦後が忘れ去られ
て久しい現在。そしてアメリカの力が後退した2008年。やっぱり
あの戦争はなんだったのか。と問い直す機会になる映画だったように
思う。勝者が敗者を裁いた戦争。そしていつも底辺の人びとが先に
死んでいく戦争。これらを考えるといい時期につくったと思う。
正月にもう一度見てもいいかなと思わせる仕上がりになっていた。
[PR]
by stgenya | 2008-12-24 20:02 | 映画・ドラマ

WALL・E / ウォーリー

d0068430_1956096.jpg

「ウォーリー」脚本・監督アンドリュー・スタントン。W.D提供、製作ピクサー。
 「ファインディング・ニモ」のピクサーのスタッフが再び結集してつくる。
スタントン監督のオリジナル・アイディア・ストーリー。
 700年後の人間のいなくなったゴミだらけの地球にひとり掃除
ロボットだけがせっせとゴミ整理の仕事をして生息している未来の話。
人間は新しいコロニーを求めて宇宙へ旅立ってしまった。
毎日自らを修理するためにロボットの各部品を格納していて、
壊れては取り替えて、太陽電池でエネルギー補給している。
そんな中たのしみは、古いVHSのビデオでミュージカル「ハロー・
ドーリー」を見る事。そしてひとつのシーンで男女が手をつなぐ場面
にいたく憬れを抱くようになる。
何と言っても700年も独りなんだから。そしてあるとき巨大な宇宙船
が来て、イブというロボットが偵察に出される。
それは、ウォーリーが密かに見つけて保管していた「植物」をどうも探し
ていたらしい。そんなことに関係なくウォーリーは、イブと手をつない
で恋に堕ちる・・・・・・
 いいアイディアだ。ロボットものでなかなかいいストーリーが出てこ
ない。このスタントンの発想は、とても秀逸だった。
 それで完成した映画。観終わって心に予想していたほど落ちなかっ
た。なぜか。CGアニメの描写力はもはや実写に迫って文句のつけよ
うがない。特にウォーリーのレンズの二つの目がいい。
純粋でせつない感じをうまく表現している。
では、ストーリー・ボードは、どうだったか。
ゴミだらけで一人ぼっちの地球の場面が全体の三分の一しかない。
イブと一緒にコロニーである未来の人間の宇宙ステーションでの
場面が長い。ここで廃棄されそうになるウォーリーの脱出劇、イブと
の結合と人間の司令官との対決と和解・・・
ここでの未来の人間は太って歩くことに退化して欲望の虜になっている。
ここがどうもイマイチ手垢のついた転換になっていた。
そしてロボットの恋するメカニズムがあの、荒涼とした地球でどうイブ
によって作用して、退化した人間との対比でどのように進化するの
かもっと作劇してほしかった。
キャラクターとコンセプトが出来て、それをどうストーリー化するか。
アメリカの長編アニメ映画で珍しくセリフの少ない無声映画のような
この「ウォーリー」でLOVEというテーマを描き切れたか。
もっと荒廃した地球での孤独なロボットが愛を獲得するまでの描写
を丁寧にやってもよかったように思う。
LOVEがMOVEになるには、LとMの差だけでなく働くロボットが
イブによってこの地球から動くことで設計されたウォーリーの
システムが何か変化する。MOVEには感動するという意味もある。
何か考えられたと思う。
惜しい。家族で子供づれで見に行くには決して損はしないだろうが
ロボット映画の成功例として考えたら、惜しい。
「A・I」にしても未来もののロボット映画で成功しているものがない。
ロボットは空想ではなく現実に生活に入って来ている現在、どうして
もっとピタっとくるロボット映画が成立しないのだろう。
絶対できるハズだ。

「WALL・E」は、いいアイディアのうまくつくられた映画だ。
要のウォーリーとイブのつながりをもっと古い映画ビデオだけでなく
具体的に発想できたら、さらにいい映画になったのにと思う。
[PR]
by stgenya | 2008-12-15 16:51 | 映画・ドラマ

ハッピーフライト

d0068430_2571488.jpg

「ハッピーフライト」脚本矢口史靖、矢口純子、監督矢口史靖。
製作フジテレビ、アルタミラピクチャーズ、電通、東宝。
 長編商業映画を矢口監督が4年ぶりに撮る。
この若さだと少し開きすぎではないかと思う。オムニバスは別として。
製作プロダクションも「ウォーター・ボーイズ」からのファンも待ちに待
った新作映画だった。航空業界を正面から扱い、どうやって旅客機が
空を飛ぶのかと丁寧に見せてくれる。
 二年間の綿密なシナリオハンティングの結果だという。
確かに専門的な知識や地上勤務のスタッフの分業の仕組みや管制塔
の仕事、鳥撃ち、整備士などの仕事内容が見たことがないほどリアル
に描かれて、まるでANAの社内教育ビデオを見る感さえある。
 ただ前二作でもストーリー性が希薄だったがもっとさらに娯楽となる
乗組員か乗客の物語がない。
これを意識的にしたとしてもその代わりに芸術的かといえばそうでも
ない。もったいない。
これだけ調べられた企画ならばここにそれぞれのキャラクターのドラ
マがうまく絡み合って雨の羽田へのソフトランディングできたハズで
ある。本年度の最高に面白いエンターテイメント作品になっていただろう。
見習いパイロットとCAの恋愛なんて陳腐なことは言わないがもっと
いろいろ組めたのにと思う。お忍びの客が乗っていたとか、ハワイへ
行く新婚カップルだってワケありだったとか、整備士の技術屋精神とか
いろいろやりようはあったと思うが、矢口君は奥さんと書いたシナリオ
は徹底して飛行機をどう飛ばし、どう乗客を安全に運ぶかということ
に力点を置いていた。
だから前半が少し弛んで後半飛行機が帰って来るところで緊張感
が出てくるが観終わって、なんとなくすっきりしない。
無理に話をつくらなくてもいいけど、脚本は糸から縄になる仕事である。
そこにヘソがしっかりあればどんなに遊んでも脱線しても面白くなる。
同じ製作会社の先輩監督の周防君はそのへんがとてもうまい。
あんなに裁判の専門的な話でも「自分は無罪だ」というヘソがあった。
物語が上手に組まれていれば後は現場の力でテイクオフできる。
そしてその飛行機に又乗ってみたいと思い、あの登場人物たちに
会いたいと思う。その流れは変えようがなく眺めのいい川になって
いるハズである。
たぶん調べていって、普通の物語にしたくないが新しい自分の物語
のヘソがぼんやりとしたまま入ってしまった感じがする。
 それが聞くところによると、編集でシーンの入れ替えを何度もやって
仕上げでシナリオを書き直す面白い経験をしたという。
しかしヘソのしっかりしたシナリオならそう簡単に編集でいじれない
ものである。
若手の中ではいい映像センスをもっているのだから、もっと多作して
観客を唸らせる傑作をつくってほしい。それができる人だと思う。
本当にもったいない。
「ハッピーフライト」ってどんな映画って聞かれて一口にどういうか。
予告編をみてもどんな映画かわかりにくい。
矢口流の脱線の面白さが羽田空港のどこかあったように思う。
「W・B」だとシーワールドにバイトへ。「S・G」だと山に猪狩りに。
そんな脱線の余裕がなかったか、新しい矢口へ脱皮中だったか。
映画の日の渋谷シネタワーの昼で70人の観客(二週目が終ったと
ころ)だった。周防、伊丹へ近づいてほしい。
なんでもない普通の日の渋谷シネタワーの昼間で「マルサの女」は
溢れるばかりの観客だった。テレビの局宣伝でもなくね。
矢口史靖の才能は、これからだ。ぜひ昼興行をいっぱいにする
次回作をお願いしたい。
あなたなら、出来る。
 
[PR]
by stgenya | 2008-12-02 15:58 | 映画・ドラマ