<   2010年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

海角7号 君想う、国境の南

d0068430_1614199.jpg

「海角7号 君想う、国境の南」08年ARS フィルムプロ。
脚本・監督魏徳聖(ウェイ・ダーション)。台湾映画。
主演ファン・イーチェン、田中千絵、中孝介、梁文音
 去年末からロングランになっている台湾映画。
シネスウィッチ銀座で二月でもほぼ満席。
年齢層は、若いカップルから高齢者までいて十代〜二十代前半
がいなかった。
 これは、日本だとアルタミラの矢口君とか周防君がやりそうな
試合へ向けたバンドの結成から実演までを描くコメディ映画で
ある。そこにかつての日本統治時代の別れた恋人の手紙のエピソ
ードが入る。
 台湾の田舎町で日本の有名な歌手が来るというので町を代表し
て前座のバンドをやることになって、郵便配達や警官や、酒の
セールスマンなどが急場で集められ紆余曲折があって前座を無事
つとめるというストーリーだが、かなり荒い作りになっていて
肝心の配達先がわからないラブレターの束(終戦で日本に帰って
行った教師から日本人の友子という台湾に残った恋人へ出され
たもの)の話は、完全に裏になって描く割合は思ったより小さい。
 だからこのシノプシスは、はじめバンドを結成する話に後から
日本人の昔のラブレターの話をくっ付けたと疑うほど手紙の話
が小さい。
 では失敗作かというと、なかなかよく出来ていて最後は涙が
とまらないほど感動した。
裏で描いている昔のエピソードがきちっとバンドの演奏の曲と
つながるのだ。これは逆にかなり高度な仕掛けと思ってしまう。
それは、シューベルトの野バラは見たり♬野中のバーラ♪の
唱歌がとても重要な役割をしている。
 はじめに老配達夫がバイクで配達しながらこれを日本語で
歌っている。しかしこの爺さんが怪我して夢破れて帰郷してい
たバンドマンのアガ青年と代わり、又バンドのベースがいなく
てこの老配達夫が台湾三味線の名手で参加するが外され、タン
バリンを嫌々やらされる。
 そして最後の演奏会で練習曲以外にもう一曲となって野バラ
を三味線で爺さんが演奏する。これと日本人の63年前の別れ
た恋人の話が被る。全員で野バラを歌う。
 こういう風に完全にどこの誰でという詳細がなく裏で描いて
そのテーマである「愛の再会」を映画にすることができたもの
というのは、見たことがない。
普通はもっと台湾にいた日本人の女の素性や設定を描くし、
分量も入ってくる。それが遠慮しているほど少ない。
でもラストが感動できる。
このシナリオの作り方は、懐かしい曲とその時代背景との関係
に似ている。ある昔のよく聴いた曲を久々に聴いて、その当時
の思い出や時代が蘇ることがある。
この「海角7号ー」は、それなのだ。
そういう意味で言うと変わったつくりの映画だ。
映画の構成は、ある目標へ向かって進んでいく。それが表向き
みんなが一つの目標へ実際に進んでいくものもあれば、主人公
の内面だけで何かへ収束するために進んでいくものもある。
バンドをつくって無事演奏するという目標。
バンドのリーダーの男アガと日本人のアシスタントの女との
喧嘩して最後に愛し合うという目標。
かつての日本人の教師が書いたラブレターを60年過ぎて相手
の女に届けるという目標。
この三つがシューベルトの「野バラ」でつながる。
これは映画でしか出来ない方法だ。
もしこれを日本の会社がやろうとするとすぐに日本人教師と
恋人の話や設定をコテコテにはめ込もうとするだろう。
又アガや日本アシスタントの田中千絵のセリフをアザトく
使ってなぜかつての日本人の恋人たちは別れたのかとか
言うだろう。するとあっ言う間にお安い映画になってしまう。
それを意図したのかわからないが「野バラ」だけで説明せず
バラバラのままカットをつなげて、そのエピソードも時代背景
も抽出して観客に感動を与える。
これはゴテゴテした邦画のお安い作りの映画群は見習わなくち
ゃならない。
長編第一作だというがこのウェイ・ダーション監督は映画の
ツボを知っている次が楽しみ監督である。
[PR]
by stgenya | 2010-02-20 18:55 | 映画・ドラマ

井上梅次、死去。86才。

d0068430_6353354.jpg

2月11日映画監督井上梅次が脳出血で死す。
新東宝からはじまり、日活、東宝、そしてテレビの
「江戸川乱歩シリーズ」。はたまた香港映画と活躍。
プログラム・ピクチャーの名手だった。
一般には「嵐を呼ぶ男」の監督として有名だがぼくにとっては
日活初のカラー映画「緑はるかに」(浅丘ルリ子の子役デビュー)
となんと言っても「嵐を呼ぶ楽団」を名画座で見てファンに
なった。
高島忠夫と宝田明主演のミュージカル・コメディがしっとりと
した青春映画になっていた。
日劇ミュージックホールを使った音楽映画が得意だった。
娯楽映画とは、こんなたのしい気分にさせてくれるものなんだ
と思わせてくれる人でした。
冥福を祈ります。
d0068430_6471369.jpg

[PR]
by stgenya | 2010-02-18 06:47 | 映画・ドラマ

おとうと

d0068430_13275766.jpg

「おとうと」脚本山田洋次、平松恵美子、監督山田洋次。
 「学校」以来の13年ぶりの現代劇。
渋谷のシネパレスの夕方の回で30人の観客。
高齢者が多かった。劇場としては苦しいのでは。
 映画はかつて昭和35年の市川昆監督「おとうと」(岸恵子主演)
のリメーク。なぜこれをやりたかったのか、鶴瓶と吉永小百合で
「寅さん」の逆バージョンができると思ったのではないか。
幸田文原作の設定を少し変えている。前作ではおとうとは学生で
継母で育った姉に迷惑をかけて病死する。
 姉を未亡人にして一人娘の蒼井優がいることにしてこの結婚
から話をはじめて、語りも蒼井がやり、語り部になっている。
今回の山田版「おとうと」は、前半の寅さんばりのコメディは
あるものの、後半にホスピス施設のシークウェンスへかかる運び
からして「故郷」「同胞」「学校」の社会派ドラマの部類に入る。
 正直鶴瓶のおとうとの前半の結婚式をぶち壊す破天荒ぶりと
ラストに向かう悲劇との琴線がどうもつながりにくかった。
なぜか。岸恵子と川口浩の姉弟には強い絆があったが、吉永と
鶴瓶には何があるのか。この二人を結んでいる幼い日の糸という
ものが設定として(書かなくてもいい)きちんと決まっていない。
鍋焼きうどんを最後に食べるエピソード。
あるいは、なぜ「ドサ巡りの役者」になったのか、
鶴瓶の人を憎めない良さとは何か、寅さんのように不幸な人を
無償で喜ばす天使のような才があるのか、
姉の初めての子供の名づけ親になったことで姉に何か人生で
救われたことがあったのか、
などなど前半から中盤へかけてのおとうとの迷惑ぶりは、単に
迷惑で理知的な吉永がおとうとの女に対する借金を払ってやる
だけの心の流れがのみ込めない。
ここがああ、それがあるからそこまでやってしまうのかと後で
もいいから納得できればいいのだが、それが曖昧だからラスト
の感動が薄い。愛すべきおとうとよ。愛すべき人よ。
心弱き者よ。無名で無賃でさびしく逝く人生でおまえは決して
ひとりではなかった。なぜそんなにさびしかったのか。
でもこの世で唯一の姉だけがおまえを看取ったよ。
市川版はこうなっていて、岸恵子の悪辣ぶりもよかった。
山田洋次は、設定を変えても姉弟の関係がどうだったかを
深く書くより、無賃労働者の最後の面倒を看るホスピスの活動
に興味があったように思えてならない。
時代はどうあるか、人間の生き方に何が問われているか、
そして今の人間に変わらないものがあるとすれば何か。
現代劇は、何をやっても底辺でそれが必要になってくる。
久しぶりの現代劇で山田洋次は何を取っ掛かりに「おとうと」
をやりたかったのか、いまいちわかりにくかった。
 やはり鶴瓶の「坂田三吉」がもっと面白ければよかったと
思うし、ああ、この人は最後までこれだったのかと納得できる
寅さんの啖呵売の力があればよかったのにと悔む。
しかし娘役の蒼井はよかった。蒼井優は相変わらずいい女優だ。
どうして普通の顔なのに芝居をすると生き生きとその世界に
生きているのだろう。本当にすばらしい。
 最後に木下恵介の晩年の作品(息子よー)のようにドラマ
の密度が希薄になっていくのに今回似ているように勝手に
思ってしまった。
 見終わって劇場を出てゆく時ちょうどラサール石井さんが
後ろを歩いて行きながら「淡々とした映画だ」とため息まじり
に呟いていた。自分が出ている映画なのに・・・
[PR]
by stgenya | 2010-02-08 14:29 | 映画・ドラマ