<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

美術監督千葉一彦さん、幕末太陽傳を語る


川島雄三の「幕末太陽傳」の打ち合わせで音楽の黛敏郎が「剣の舞い」で
作品のイメージを行きたいと言い出した。
川島雄三は、それがいいねとすぐに乗った。
「幕末太陽傳」の規模が大きかったので美術監督は、中村公彦さんだけだと
大変だということで若かった千葉一彦さんと二人でやった。
そしてこの音楽打ち合わせで「剣の舞い」のテンポでやるために相模屋の中
をフランキー堺が走り回るのに小春とおそめの部屋や物置部屋と階段の位置
などを設計したと言う。
 またフランキーが駆け登る階段もその段の巾を実物より低くした。
思い切り駆け上がるためにセットの階段も映画的に変えたという。
だから佐平次のフランキー堺が居残りとなってから、映画のテンポが至極
早い。居残りの癖に女郎、手代、お客と次々にそれぞれの問題を解決して
今度は逆に頼られる存在に上り詰めるという可笑しさがにじみ出て、
その瞬く間の勢いが小気味良く粋に映る。
川島雄三の落語の世界を時代喜劇に移し変えようとした意図を音楽家が
くみ、美術監督が絵としてセットをつくり画面に活かす。
映画は、その作品のイメージによって各パートがその才能の限りのアイディア
を絞り出して完成させていく。
今回80才の千葉一彦さんの話で音楽の黛敏郎が剣の舞いで幕末太陽傳を
イメージしていたというのは、貴重な証言だった。
浅草での写真撮影会での飲み会でのこの話が千葉さんの口から出て来たの
で多少聞き取りにくいが、お元気でとても若い感性でお話された。
千葉さんは日活で美術監督として熊井啓の作品や藤田敏八の「八月の濡れた砂」
などを手がけられ、大阪万博では太陽の塔をつくった人でもあります。
 映画をひとつつくるのにその作品のイメージをどう持つかがそれぞれの
持ち場でいかに重要か、そしてそのイメージを一本に決めるのが監督の作業でも
ある。川島雄三は、映画づくりにいいスタッフに恵まれた。
作品のテンポとリズムをどうつくるか、なかなか貴重で参考になる話だった。
[PR]
by stgenya | 2012-01-17 03:00 | 人物インタビュー

日本映画見列伝・田中真澄さん、死す。

d0068430_22211769.jpg

映画史研究家の田中真澄さんが暮れに亡くなった。
映画「ムーランルージュの青春」のパンフレット原稿を書いていただいて
去年九月の封切の日にあこがれの明日待子さんと新宿で会食したことがあった。
明日さんのデビュー映画「風車」を一緒に見て、岸松雄監督は清水宏的な撮り方
をしていると解説され、そのDVDを明日さんにうれしそうにプレゼントされた。
 そんな光景がいま甦って来る。
田中真澄さんと会話したのは、今回がはじめてだった。
ただフィルムセンターや三茶のamsなどの名画上映では何回も顔をあわせた。
顔は知っているがこの人何をしている人だろうといつも疑問だった人だった。
ムーラン映画で試写から原稿書きまでの間にそのことをお話したら、
向こうも同じ感想をもっていたようだった。
しかもそれこそ遡って35年ほど前のフィルムセンターでの記憶にもどること
になった。
あのころ黒澤明特集や小津安二郎特集をやっていて毎日通い詰めた。
まだビデオもなく銀座の並木座で雨降り名画を見るしかなかったころだ。
黒澤明特集は人が多く一時間前に並んでも入れないことがあった。
今だから時効だと思うので告白するが「蜘蛛の巣城」で入れず古いフィルム
センター
のビルの外配管をよじ登って四階の窓から侵入して立ち見で見たほどだった。
そのとき必ずいたのが長髪で汚い青年の田中さんだった。
まだ映画史研究家ではなく単なる映画見青年だった。
行くといつもいて可哀そうに無職人かと訝った。
しかしあやしい映画見手は田中さんだけではなかった。
それが昼間からフィルムセンターに通っている人の常連の奇妙な人種の多
かったこと。いつもカーボーイ姿の中年の痩せたおっさんに、
冬でもランニング姿の色黒の爺さん、乞食と間違いそうなおっさんたち。
いつも着物姿のきれいな中年女。
とにかくこのひとたちは、何をしている人だろうと不思議だった。
満員の場内で最前列に座る奴は、手製の豆ランプとバインダーで映画を
観ながら速記で全カットを書きうつしているし、終わったらそんな人たち
がロビーで眼だけで会話していたり不思議な光景だった。
それがフィルムセンターだけでなく他の名画座、大井武蔵野館、文芸坐、
アテネフランセ、ams・・・などでも同じ人種とかち合う。
時代が経っても同じ顔ぶれ。
後でわかってくるのだが、その中に川本三郎、桂千穂などがいた。
まるで古い映画を見る豪傑の群れだった。
日本映画見列伝ー。
評論家になった田中さんのような人はだんだんわかってくるが
あのカーボーイハットのおっさんやランニング姿の爺さんは、
どうなったのか・・今度田中さんと知り合いになって、去年秋その人たち
のことを聞いてみた。
そしたら田中さんが「ああ。ランニング爺さん。ニシさんね。
あの会社の重役だった」
と言われて目が点になった。
あの、30年前に焼ける前のフィルムセンターに通っていた映画見たち
は、結構エライ人たちだった。
青春を映画見で過ごして会社の仕事をゆずり、晩年また映画見を
やっていた人だった。懐かしい映画見の豪傑たち。
のちに監督になった人や俳優になった人もいる。
田中真澄さんは、大学院を出てずっと北海道に帰らず在野で映画見をつづけ
小津安二郎の本を著した。
釧路育ちで親は信州上田の出でラジオドラマと映画で育ったとこぼされた。
今度お会いするとき、あの映画見の列伝の人の話をさらに聞こうとおもった
のにもう新しい年では会えないハメになってしまった。
小津と女の話、ラジオドラマ時代の作家たちなどいろいろ面白いエピソード
をご存じだった。生き字引のような人がまた一人いなくなった。
誰かが言ったが、大家が亡くなると図書館がひとつ消えるようなものだ。
田中真澄さん。ご冥福をお祈りします。
[PR]
by stgenya | 2012-01-06 16:27 | 出来事

新しい年

d0068430_12282587.jpg

2012年

謹賀新年

新しい年になりました。

福岡の海とガスタンク。

去年から地方をめぐり、映画の現状。

ミニシアターの生き残り合戦の最中

映画は、どう届けられるべきか、考えさせられました。

劇場の厳しさを乗り越える作品と上映形態がいるように思う。

昨今の液晶大型TVとDVD,BRの普及とミニシアター苦戦とは

関係があるように思う。

自分の好きな時間に好みの映画を見ようとすると

DVDかシネコンとなってしまうのではないだろうか。

ミニシアター劇場は、サロン的なものへ移行していくように感じる。

ネットに対するオフ会のように。

何か劇場に魅力をもたせることが必要だと思う。

映画の入り口が劇場であることは、否めないのだから。

平成24年 1月2日
[PR]
by stgenya | 2012-01-02 12:39 | 出来事