<   2012年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ある映画人の生き方

d0068430_17454986.jpg

大学生の頃NHKでその人は、インタビューで
私たちの会社は、いつでも新人を募集しています。と答えていた。
テレビの深夜放送で「鬼婆」というその人の映画を観て
感心していた。
映画をやろうと思えば、その人のところへ行けばいいと思った。
そしていよいよ卒業のとき。
本屋で「シナリオ修業」という本を買った。
シナリオが大切だとおぼろげに思っていた。
その本の中に出てくる近代映画協会という会社へその人宛てに手紙を書いた。
はじめに映画の世界は厳しい、考え直しなさいと返事が来た。
中学生の時に黒澤映画を観て興奮したこと、
「鬼婆」の映像美と人物描写が無駄がなく、心に響いたこと。
そして自分が大学四年生で自主映画を撮ったこと。
手紙に書いて再度赤坂へ送った。
それが三、四回往復があって東京に出てきなさいと許しをもらった。
ちょうど「竹山ひとり旅」の仕上げをしていたときだった。
しかし映画は年に一本あるかどうかであとは、自分でアルバイトをしなければ
ならなかった。
赤坂の事務所でここに名前を書きなさいと言われて
書いたところには、168番目の助監督としての欄だった。
自分の家が破産していたこともあって、小さな映画しか就けなくて
先生が「絞殺」を撮るというときには、別の仕事をしていて
応援でしか参加できなかった。
時は流れて
初めて幻野プロで「西風」を脚本監督して赤坂の東京現像所の試写室で
先生に観て貰った。映画のエンドマークが出るまで
先生は、貧乏ゆすりをしていて、終わるとシナリオが練ってないと
一言言われた。
それからシナリオ懸賞の常連になってシナリオ修業した。
赤坂から遠く離れて
去年自作「ムーランルージュの青春」を赤坂の事務所ビルで
試写をしたので先生に知らせたが、もう眼がよくないということだった。
100才で先生は、亡くなった。
異端でシナリオの王道を心得て、自分のスタイルは、そこから
いかに逸脱するかを心がけた映画師だった。
もっとも古い日活大将軍時代にこの道に入り、ライターと監督と
会社社主とを持続しながら畑を耕すようにコツコツと作品をつくった。
あの「絞殺」の撮影中に朝四時に起きて芥川賞と他の本を二つ読んで
七時には、その日の撮影コンテをチェックしてスタジオ入りした。
その脅威の速読と仕事ぶりは神業というしかなかった。
告別式の出棺のとき息子の次郎さんが会社が苦しいとき
額に石を投げられて血が出ても泣かないんだと父は言ったと言われた。
ひとすじ掴んだら、決して放さない滑稽なくらい強い人。
シナリオのへそは、これだと決めたら追い続ける。
映画修業は、そのまま人生修業だ。
先生の大往生に心をこめて祈りを捧げます。
[PR]
by stgenya | 2012-06-05 18:30 | 出来事