<   2014年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

大雪

d0068430_4151473.jpg

東京に大雪が降った。
二月の雪。
雪かきをやっていて腰を痛めて
せっかくの休日も安静にすることに。
いろいろと書くことがあったが
少しつづ書こうと思う。
さてさて最近の日本映画を見ていて思うこと。
最近と言ってもここ20年か15年。
デフレの時代。
すごいというものがなく、
いわゆる各種ベストテンに入るものについて?である。
特に若い監督のものがそうである。
昔と違って、ぴあFFなどでグランプリをとって
すぐに商業映画を撮れる。
そしていわゆる広告代理店とテレビ局が組んでつくる映画に
その例が多い。
沖田監督、山下敦弘、石井裕也など・・・
この人たちの才能は、かっている。
特に山下氏は、高い。
しかしかつて黒沢清は、デレカンで助監督修行した。
映画の能力は、現場から培われる。
それがないのが新人監督たちにとって不幸だと思う。
シナリオが練れてない。
演出が曖昧。
俳優が勝手に演技してる。
これらをどう自分と作品との範囲に入れてゆくか
誰かが教えてやるか、仕向けてやらなくちゃ
伸びない。
惜しいと思う。
たとえば「舟を編む」では、シナリオがもっと面白くなるはず。
「鍵泥棒のメソッド」では、女優の演技を確立できなかった。
惜しい。天才は別として才能は、育てる必要がある。
今邦画は、その制作数だけが低予算が可能で増えている。
なのに記憶に残るものが少ない。
それは、やはりシナリオができてないからが一番。
シナリオを軽視しすぎることを避けよう。
ライターがもっと評価され、それを読み評価する評論家がいない。
御用映画ライターばかりでは、映画界はますます不幸である。
どこからこうなってしまったか・・・
やはり失われた20年。デフレは、映画界にも影響しているのだろうか。
新人監督よ。シナリオをもっと自覚しよう。演出をもっと深めよ。
それを批評する眼をもとう。
才能は、伸びることを信じてほしい。
[PR]
by stgenya | 2014-02-12 04:10 | 出来事