東京家族と故郷

d0068430_10165894.jpg

「東京家族」脚本山田洋次、平松恵美子、監督山田洋次
 名作小津安二郎の「東京物語」のリメイク。
山田洋次が晩年の黒澤明宅へ遊びに行ったら黒澤さんが
小津の「東京物語」を熱心に観ていたとインタビーに答えて
いたが、その本人の山田さんがリメイクしたのだから、この
小津のマジックは、強大なものだと言わざるを得ない。
 松竹に入社したての山田洋次ら若い助監督たちは、大船の
小津の映画をバカにしていたという。黒澤映画の「酔いどれ天使」
のようなリアルな映画を撮りたいと思っていた。
その当の黒澤さんが小津を晩年勉強していたのに驚いたという。
 いい映画というのは、廻り回って人生の本箱に帰ってくる。
今回の「東京家族」は、多摩川や代々木上原に設定は変えている
が役名や大筋は、原作に忠実に従っている。
それこそ前半は、カメラアングルさえもまねしていたくらいだ。
ただ新しく変えたのは、妻夫木と蒼井ゆうの役と設定だった。
ああ。そうか。この若い舞台美術で働く妻夫木と近くの本屋で
働いてる蒼井とのカップルをサブストーリーとして描きたかったのか。
と思うと、なぜ山田洋次は余りにも有名な映画をリメイクしたかった
のかがわかった気がした。
 つまりこれは、偉大なシリーズ映画「男はつらいよ」の構図と
一緒なのだ。寅さん映画という動かし難い原作をつくりつづける
ためには、その中に甥っ子の吉岡君と後藤久美子のカップルを
映画の中心にして作ったりしてきた。
小津安二郎という定番に自分の現代を切り取る映画的モチーフを
しっかりちゃっかり入れて新しい映画にしたかったのではないか。
同期入社の大島渚と違って、長年大船に残ってプログラム・
ピクチャーをやらされて育った山田洋次としたら、これは、小津さん
へのオマージュと一緒に現代の日本を象徴する若いフリーターの
恋物語を描くことができると思った時にこの企画が立ったように
思う。
 ではこの違いは、どうか。原節子の戦争未亡人のラストのセリフ
「わたし、ズルいんです。」というあの有名な人生の機微であり残酷
なセリフと演出には、やはり蒼井のセリフは敵わない。
それは、現代とはいえ仕方ないことでもある。
しかしそれにしてもさすがベテラン、最後まできっちり見せてくれる。
橋爪功も吉行和子も西村も中島朋子もよかった。
確かに菅原文太だとあの、ガニ股の橋爪さんの「そうか、そんなか」
という軽い感じは出なかっただろう。
 よくよく考えると生涯家族を持たなかった小津さんが「家族」を
描きつづけ、また幼少年期を満州で育って日本という故郷を持た
なかった山田洋次が、「ふるさと・日本」を描きつづけたことは、
とても不思議な感じがする。
作家は、ないものに恋がれるのだろうか。
 有楽町で二週目の夕方で70人ぐらいの入りだった。
それもほとんどが高齢者だった。でもそれぞれ観終わった後、
満足そうに帰って行った。
[PR]
# by stgenya | 2013-02-01 11:14 | 映画・ドラマ

新年に重ねて

d0068430_8373368.jpg

平成も25年ということは、四半世紀経ったということ。
この25年で日本映画は、どう変わったか。
世界をリードしていたアメリカ映画はどうなったか。
少なくとも西暦で2000年からの12年間でも映画で
心に残った名作、傑作と新しい巨匠というものが
あるだろうか。
 かつては、スタジオが映画を作っていた。
角川映画でもにっかつというスタジオ育ちの監督・スタッフが
下請けで作っていた。
資本を出す人も資本を使う人も押し並べて映画狂だった。
脚本家は、監督とケンカしたし、監督は、プロデューサーと
ケンカした。少なくとも映画の素人が口は出さなかった。
いま、学生がぴあなどのコンクールで賞をとって監督になる。
広告代理店とテレビ局は、安く使える。
主演俳優さえ、名のある人をブッキングすれば金は集まる。
大森一樹氏なども企画の打ち合わせでそんな映画好きじゅない
奴がいて、つまらない苦労をすると何かでこぼされていた。
ここがこの25年に起った映画界の変化だ。
映画を作品ではなく、コンテンツと見なすこと。
新年から愚痴をいっても仕方ない。
新しい年に新しい可能性を見るとすれば、
それは、デジタル映画の出現で低予算で映画をつくる流れが
出来て来たこと。50万から3000万までの自主制作シネマ。
完全自由につくるフリー・シネマ派。
現在ミニシアターでかかっている映画のいく割かがそれだ。
ここから小林政広、瀬々敬久、入江悠などが世界へ出ている。
ある意味10代から60代と年齢や経験に関係なく自由に
映画をつくる流れが見えて来ている。
そこには、希望がある。
スタジオの職人たちの技や経験とこれがどう結びつくのか。
二本立て興行とこのフリーシネマ派とシステムとして配給
できるプロデューサーが現れれば何か形が見えてこないだろうか。
新年にぼんやりと夢想する。
[PR]
# by stgenya | 2013-01-01 09:32 | 出来事

人生の特等席

d0068430_304515.jpg

「人生の特等席」Trouble with the curve 制作マルパソ・プロ
監督ロバート・ロレンツォ、脚本ランディ・ブラウン
主演クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス
 クリントの監督作ではないけど、今までのクリント・イースト
ウッド色の継承作。だから「グラン・トリノ」を観てよかった
人には、そう外れない仕上がり。
目も見えなくなった野球の老スカウトマンの話である。
まず日本語のタイトルがうまくつけたなと思う。
特等席ってそう座れない。
ましてや人生で特等席に座れるチャンスってなかなかない。
しかもよく考えれば特等席で野球を観るということは、
野球の選手じゃないということ。
あくまで傍観者だ。華やかなベースボール・プレーヤーに
なれなかった人。観客席でも地方の高校野球のネット裏。
ビジネスホテルを渡り歩く生活。
そんな男が、妻を失い、ひとり娘を6才にして親戚や孤児院に
預けて裏街道のスカウトマンの地方周りの人生を送る。
しかし娘は弁護士として大人になる。
 この特異な父娘の関係を静かに、オーソドックスにそして
娯楽の色逃がさずに映画にした。
これは、けっこう簡単なように見えてそう簡単に出来ない。
映画が二本立ての頃は、こういう映画は時々日本でもあった。
華やかではないが見終わった後なんとなく心にA面よりB面
の方が残ったというもの。
俳優がクリント・Eだからまた見せる。その枯れに枯れた
演技に娘のエイミー・アダムスもよく体当たりしてまず
最後まで見せる。頑固で決して曲げない、しかも過去に
抜き差しならないキズを抱えて孤独に生きている男を見事に
今回も貫いて演じてみせるクリント・イーストウッド。
 この映画の良さは、脚本にある。教科書的なシナリオだが
セリフにも構成にも神経を使って書き込まれている。
ネタばれになるから言えないが、娘が有能な弁護士で出世の
かかった仕事をしているという設定と疎遠な父親が老齢で
目が悪くなり生涯つづけてきた仕事を失うかもしれないと
いう設定で娘を父親の最後になるかもしれない仕事に付き
添わせるという発想が話の妙である。
ピザ屋の豪速球の少年や元野球選手で怪我でスカウト
マンになったクリントの後輩の配置の仕方など手垢が
ついた手法だがキチンとやっている。
実験作をやるのでなければ、今年の邦画のシナリオは、
ここも作っていないものが多すぎる。ご都合な脚本になら
ないためには俳優の領分をセオリーの枠に設けているか
どうか。クサいがその展開でそのセリフをうまく俳優が
ノレて言えるものかどうか。ここが分かれ目だ。
 このランディ・ブラウン脚本とロバート・ロレンツォ
演出はそこに神経をつかってこの映画をつくっている。
それを制作者として俳優としてクリント・Eが
かなりアドバイスしているのではないだろうか。
それは、また長年クリントの映画の助監督を努めて
来た若いR・ロレンツォにクリント・イーストウッドが
与えた初監督という特等席ではなかったかと思う。
丸の内ピカデリー、二週目の土曜の昼で六割の客。
圧倒的に高齢者だったが、みんな満足そうに有楽町
のレストラン街へ見終わって足を運んでいった。
[PR]
# by stgenya | 2012-12-10 03:56 | 映画・ドラマ

黒澤明と高峰秀子

d0068430_15323962.jpg

明日待子さんの姪っ子である盛岡の守屋さんから
リンゴが届いた。有難い。
10月の盛岡での「ムーランルージュの青春」上映会の
主催者である。
 ここで来場された沢山の岩手県人の方に感謝いたします。
この上映を手伝ってくれた藤沢昭子さんが岩手山麓の滝沢村にお住まいで
戦前昭和15年8月に山本嘉次郎監督「馬」のロケが行われた斉藤家
をご存じで貴重な写真を見せてくれた。
馬小屋として使われた斉藤清一郎さんの家で撮った記念写真。
そこに少女の高峰秀子が写っていた。
しかし映画上映後これを見せられ
てびっくりした。
その高峰秀子の右隣に写っているのは、なんと竹久千恵子だった。
当時「馬」の中でデコちゃんの母親役だった。
そのバタ臭い顔は、モダンガールとして名をはせた女優だった。
しかもムーラン初期のトップ女優で島村龍三の「恋愛都市東京」などの芝居で
活躍し,ムーランを盛り上げた女優でもあった。
それがムーランの映画上映の日に出会えるなんて奇遇である。
d0068430_15512510.jpg

またもう一つのロケの記念写真には、黒澤明制作主任と山本監督。
そして左となりに助監督だった松山善三が写っていた。
高峰秀子と恋に落ちてのちに別れた黒澤明。
その黒澤の助手で働いていた松山善三がその後
デコちゃんと結婚するのだから、この写真には複雑な思いを抱く。
地方上映の面白さと発見の旅が70年の月日をつなげてくれる。
ムーランの時を超えた響きが聞こえてくるようだ。
[PR]
# by stgenya | 2012-11-30 15:58 | 人物インタビュー

釜石港

d0068430_245822.jpg

どうしても行かなくちゃいけない所があった。
明日待子さんが生まれた釜石、鈴江。
去年の津波で致命的な被害を受けた。
駅から港へ歩くと
巨大な製鉄所とドックは、健在だったが
港の町は、更地と被害でかろうじて残ったビルがポツンポツンと
建っているだけ。
それも一階や二階は、中身は何も無い。
d0068430_2592781.jpg

港の堤防も所々欠けていた。
破損した車もそのまま。
そう。そのまま。
爆撃を受けて2年近くもそのままだっただろうか。
東京は。あの1945年の戦争で。
どうして東北のこの地が捨てられているのか。
明日さんが幼くしてアワビを採ったり泳いだりした
釜石の海は、今も青々としてやさしい。
海は牙を隠している。
海は怒りを隠している。
海はあくまで静かだ。
その静けさは、町全体に覆い被さっている。
よそ者が通り過ぎるのをじっと待っているかのように。
d0068430_2595947.jpg

[PR]
# by stgenya | 2012-10-30 03:00 | 出来事

桐島、部活やめるってよ

d0068430_11292458.jpg

「桐島、部活やめるってよ」監督吉田大八、脚本喜安浩平、吉田大八
原作朝井リョウ、制作日テレアックスオン、配給ショウゲート。
 渋谷東急の昼で七割方の入り。圧倒的に若い男女が多かった。
久々に映画館で満足感のある映画を見たという気がした。
これは、平成の青春映画の傑作ではないかと感心した。
吉田監督は、その前の「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」や
「パーマネント野ばら」で面白い演出をする人だなあと思っていた
のでこの新作は見たかった。
 高校生の五日間の学校を描いて、そのシナリオ構成と
人物引き出しが新鮮で思春期の揺れとリアルな空気をカメラ
につなぎとめることに見事に成功している。
 まず映画が始まって、メインタイトルがいつまでも出てこない。
そして最初の「金曜日」というタイトルが出て、
ホームルームから放課後へバレー部の花形・桐島を待つ
モデル並みの女子梨沙。
で又「金曜日」のタイトルで同じホームルームになる。
今度は帰宅部でイケメンの宏樹と友達、バトミントン部
のかすみと視点を変えて同じ時間を描写する。
つまり金曜日の放課後が四回もある。
運動部、文化部、帰宅部とそれぞれをスター桐島がいない
ということで変化していく生徒たちを初めの四パターン
で紹介していく。
パラレル構成であるがこれが適用されるのは、
この金曜と最後の火曜だけである。
そして文化部の映画部の前田たち(神木隆之介)は、
実は桐島とは直接関わっていない。毎回撮影しよう
とすると桐島を待つ宏樹を見たい吹奏楽部の部長
沢島亜矢(大後寿々花)と場所のとり合いでもめる。
もっともダサイ奴らということで描かれるが、
実はこの前田らがファーストシーンからラストまで
この物語の柱となっている。
とくに映画を観られた方は、ラストの屋上のゾンビ
映画撮影と桐島がいるとの情報で駆けつける運動部、
帰宅部、サポーター女子らの乱闘は、極めて映画的
である思ったことだろう。
そして何よりもラストのダサイ前田とイケメン帰宅部
の宏樹とのやりとりはいままでシナリオが積み重ねて
きたテーマが一気に噴き出す。
ここでやられたと思う。
体力もあり、女にも持てる、桐島パート2のような宏樹に
とって高校生活はなんだったのか、ここでダサイが世界
と映画をつくることでつながっている前田のことが
羨ましくもあったのではないだろうか。
 このシナリオを描いた喜安氏は、劇作家だということ
だから出来るだけリアルな高校生のセリフをうまく使い、
その群像劇を巧みな構成で仕上げた。
監督との本づくりに一年かかったというからこれも納得できる。
70年代の東陽一の「サード」、80年代の中原俊一の
「桜の園」などに匹敵するすばらしい青春映画になっていると思う。
 またアメリカ映画に置き換えればルーカスの「アメリカン
・グラフィティ」に通じる可笑しくて悲しいチキンたちの
記録映画と言えなくもない。
そして最後の最後でメインタイトルが出る。
「桐島、部活やめるってよ」
青春は、無様で滑稽で美しく残酷である。
誰もが味わい、通過していく命の発芽。
大スターは出ていないが、久々の清々しい映画である。
是非観て貰いたい。
観たあなたにとってラストの宏樹の涙は、どう映るか。
それを感じることができた人は、青春の傷痕が心の片隅に
微かにでも残っていると言えるでしょう。
 
[PR]
# by stgenya | 2012-09-03 14:20 | 映画・ドラマ

上諏訪での「ムーランルージュの青春」上映会

d0068430_635690.jpg

阿木翁助生誕100年記念として阿木翁助の遺族の方たちが中心になって
出身の諏訪で映画の上映会をやった。
地元の文士・市川一雄氏やシネマトグラフすわの方たちの努力で
500名近い近隣の人たちが駆けつけてくれた。
前日から阿木さんの娘たち家族と幻野プロとで
特設の展示コーナーを会場ロビーに作った。
自筆の生原稿からムーラン台本、写真と贅沢な展示になった。
d0068430_6415516.jpg

そして主催者の宮坂水穂さん100才が挨拶した。
しっかり歩いて言葉も明瞭で阿木翁助、宮阪将嘉、新田次郎と
旧制諏訪中学で同級生だった人。
しかも昭和8年から12年までのムーラン黄金期を東大生として
見ていた人。明日待子がどれだけ可愛かったか、バラエティの
コントで宮阪将嘉が舞台を走り回っていたことなどを知っている人。
日本でこの人しかもうムーランの黄金期を語れる方がいないのでは
ないだろうか。
d0068430_6484466.jpg

映画を多くの人に観てもらい、ムーランと作家阿木翁助を語る
娘さんの笠井八重さん、三浦一重さんの上映後のお話に耳を傾ける
地元のお客さんの反応は真剣なものだった。
自分の故郷で育てたいと諏訪で家族を住まわせ、阿木さんは単身赴任で
東京で仕事をしていた。父の想い出を語る娘たちの瞳は感慨に濡れていた。
しかも忙しいのに八重さんの長男笠井信輔さんが駆けつけて挨拶してました。
のん平のじいちゃんがこんな偉い人だとも思わなかったと若い頃の話を披露。
d0068430_731033.jpg

今回このイベントに松本から水町庸子の孫であり、三木のり平さんの
姪になる中山初美さんもお越しいただいてムーラン孫娘同窓会
のようになった。
阿木さん、水町庸子さん、宮阪将嘉さんらが天国の雲の上から
この様子をどう見ていたか、聞きたいものです。
[PR]
# by stgenya | 2012-08-07 06:59 | 出来事

日活100年裏インタビュー撮影所案内1


戦後日活再開からロマンポルノまで在籍した
スチールマンの目黒祐司さんとプロデューサーの結城良煕さん。
ふたりに撮影所を案内してもらった。
本館や銀座オープンセットのあったところは
今は巨大マンションになっている。
つまり経営難で切り売りした。
正門の位置も現在は、多摩川の方になっている。
ただ
食堂は昔のままでガラス窓や壁も当時と変わらない。
マンションに向かって右の奥が大道具の工作所。
そこで昭和36年に赤木圭一郎がスポーツカーで激突
して死んだところ。
目黒さんの話だとこの年の一月に石原裕次郎もスキー事故で
数ヶ月入院して映画の企画を変えざるを得なかった。
そのおかげで小林旭の渡り鳥シリーズができたり
宍戸錠や高橋英樹、和田浩二がデビューできたという。
目黒さんもや結城さんもフリーになっても
つい最近までこのスタジオで仕事していたので
会う人ごとに今日は何の撮影と聞かれていた。
自分も角川映画や「マルサの女」の頃ここで働いたが
他の撮影所より明るい印象があった。
それは一番後発の新しい会社だったことも関係していると思う。
[PR]
# by stgenya | 2012-07-24 06:47 | 人物インタビュー

結城良煕プロデューサー、にっかつロマンポルノを語る


映画プロデューサーの結城良煕さんは、昭和14年仙台市生まれ。
東北大学美学科を卒業し昭和36年に日活の演出部に入社する。
助監督時代は、古川卓巳、鈴木清順、今村昌平らに就く。
特に今村昌平監督の「赤い殺意」ではシナリオハンティングから
関わり、仙台出身だということでカチンコを打ちながら
方言指導もした。
 当時の日活のプログラムピクチャーズとは違って粘りに粘って
すべてロケセットで同時録音をするイマムラスタイルに圧倒された
と言う。結城さんが印象に残っているのは、春川ますみの子供役の
子を小学校で見つけたが障害があったので監督に出来るだけ見せない
ようにしたが一目見た今村監督は、これだと即決した。
そして昭和46年日活がロマンポルノに変わった時、結城さんは、
監督にならずにプロデューサーになった。
演出に対して結城さんとしては、限界を感じていたという。
結果プロデューサーになったことでロマンポルノで田中登の
「色情めす市場」で大阪ロケの大胆な撮影もしたし、武田一成監督
とは、コンビで「濡れた海峡」なども印象に残っていたが、
その他に大作もやって山本薩夫監督「戦争と人間」や佐藤純彌監督
「敦煌」などもやった。
日活がにっかつになったとき三つの柱があったそうだ。
ロマンポルノを中心に大作・一般映画路線。そして児童映画。
この三つの企画をこなしながら、80年後半からは、NCPやアルゴ
プロジェクトで「十階のモスキート」「遊びの時間は終わらない」
「仔鹿物語」「メロドラマ」などやり東映Vシネマを95年以降
手がける。
こうして略歴を追うと、戦後日活の始まりと終わりを前線で体現
してきた生粋の日活映画人と言える。
しかし今回結城さんから預かった数々の映画の予算表を見ると31億
の「敦煌」とロマンポルノ「天使のはらわた・赤い淫画」の2800
万円との差はすごいなと思う。制作という仕事から映画を分析する
方法はやはり予算の中身から考察することである。
金は映画にどう影響を与えるか面白いとこだ。
[PR]
# by stgenya | 2012-07-01 00:01 | 人物インタビュー

ある映画人の生き方

d0068430_17454986.jpg

大学生の頃NHKでその人は、インタビューで
私たちの会社は、いつでも新人を募集しています。と答えていた。
テレビの深夜放送で「鬼婆」というその人の映画を観て
感心していた。
映画をやろうと思えば、その人のところへ行けばいいと思った。
そしていよいよ卒業のとき。
本屋で「シナリオ修業」という本を買った。
シナリオが大切だとおぼろげに思っていた。
その本の中に出てくる近代映画協会という会社へその人宛てに手紙を書いた。
はじめに映画の世界は厳しい、考え直しなさいと返事が来た。
中学生の時に黒澤映画を観て興奮したこと、
「鬼婆」の映像美と人物描写が無駄がなく、心に響いたこと。
そして自分が大学四年生で自主映画を撮ったこと。
手紙に書いて再度赤坂へ送った。
それが三、四回往復があって東京に出てきなさいと許しをもらった。
ちょうど「竹山ひとり旅」の仕上げをしていたときだった。
しかし映画は年に一本あるかどうかであとは、自分でアルバイトをしなければ
ならなかった。
赤坂の事務所でここに名前を書きなさいと言われて
書いたところには、168番目の助監督としての欄だった。
自分の家が破産していたこともあって、小さな映画しか就けなくて
先生が「絞殺」を撮るというときには、別の仕事をしていて
応援でしか参加できなかった。
時は流れて
初めて幻野プロで「西風」を脚本監督して赤坂の東京現像所の試写室で
先生に観て貰った。映画のエンドマークが出るまで
先生は、貧乏ゆすりをしていて、終わるとシナリオが練ってないと
一言言われた。
それからシナリオ懸賞の常連になってシナリオ修業した。
赤坂から遠く離れて
去年自作「ムーランルージュの青春」を赤坂の事務所ビルで
試写をしたので先生に知らせたが、もう眼がよくないということだった。
100才で先生は、亡くなった。
異端でシナリオの王道を心得て、自分のスタイルは、そこから
いかに逸脱するかを心がけた映画師だった。
もっとも古い日活大将軍時代にこの道に入り、ライターと監督と
会社社主とを持続しながら畑を耕すようにコツコツと作品をつくった。
あの「絞殺」の撮影中に朝四時に起きて芥川賞と他の本を二つ読んで
七時には、その日の撮影コンテをチェックしてスタジオ入りした。
その脅威の速読と仕事ぶりは神業というしかなかった。
告別式の出棺のとき息子の次郎さんが会社が苦しいとき
額に石を投げられて血が出ても泣かないんだと父は言ったと言われた。
ひとすじ掴んだら、決して放さない滑稽なくらい強い人。
シナリオのへそは、これだと決めたら追い続ける。
映画修業は、そのまま人生修業だ。
先生の大往生に心をこめて祈りを捧げます。
[PR]
# by stgenya | 2012-06-05 18:30 | 出来事